メッセージ - B年 復活節

毎年の復活節の終わりに、教会は聖霊降臨を祝っています。なぜなら、聖霊はイエス・キリストの世における使命を完成させているからです。復活したキリストが弟子に与えた最初の賜物だからです。師イエスの言葉を思い出し、理解させてくれる指導者だからです。少し想像しにくく理解しがたい聖霊を紹介するためには、聖書は様々なシンボルや様々な称号を使っています。まず、「真理の霊」、それから「弁護者」、「慰め主」、「心の光」などです。聖霊は賜物中の賜物なのです(ルカ11:13を参照)。

聖なる三位一体は、それぞれの位格には固有の働きがあっても、結局全てを業を三者ともに為しています。ですから、イエスの復活と聖霊降臨も非常に密接に結ばれています。興味深いことに、イエスはご自分を「聖霊において」御父に捧げたと書かれています(ヘブ9:14)。また、イエスを復活させた御父の霊が私たちのうちに住むなら、その同じ霊が私たちをも復活させてくださる、と聖書が述べています(ロマ8:11)。そして、聖霊は「命の与え主」とも呼ばれており、廃れてきたもの、衰えたものを再び生き生きさせる働きをしています。教父たちがこだわって強調していたように、聖霊との関わりが欠けてくるとイエス・キリストは大昔の人物でしかなくなり、彼の復活は記念や理念になってしまい、私たちの共同体も空回りしている人間的な組織になりかねません。

今日の朗読から伝わる最も強い印象の一つは、この聖霊は特に「一致の霊」であることです。同じ霊を受け、あるいは、同じ霊で満たされた人々は色々な違いがあっても、色々な言語を語っていても、それは対立に通じることではありません。聖霊降臨直後の教会は、今の世の中に足りない平和と一致(つまり多様性における一致)を見事に体現していました。それは画一化されたユニフォームなものではなく、むしろユニティーを目指し経験する一つの心・一つの体でした。これは、一回限りで獲得されたものではなく、常に把握されつつある不完全なもの、理想、それに近づいていく状態でなければなりません。私たちにさながら刻印として押されている聖霊はまだ完全な形で与えられているのではなく、ただ「保証として」与えられています。将来の完全な賜物、永遠の命への復活、神との完全な交わりなどをあたかも「前払い金」かのように先取りさせてくださるのも聖霊の働きに他なりません。また、聖書が伝えている聖霊の賜物とは、個人個人の持つ「愛、喜び、平和、柔和・・・」(ガラ5章における聖霊の実り)、すなわち自分さえ持っていれば満足できる「知恵、理解、力、畏敬・・・」(イザ11勝による聖霊の7つの賜物)だけではなく、それと同時に皆で経験する現実でもなければなりません。

Share

 
メッセージ - B年 復活節

第一朗読:使徒言行録1, 11-11

第一朗読の言葉が使徒言行録、すなわちルカによる福音書から続いている第二冊の書物の始まりである。ルカによる福音書が主の昇天で終わる(ルカ24, 44-53)ので、使徒言行録は主の昇天から始まる(使徒1, 1-11)。イエスは自分の父のところに戻る前に、弟子が信仰の道を歩き続けるために必要な準備をすることができた。弟子の信仰を強めて、聖書の言葉が理解できるように説明し、宣教できるように聖霊の力を受けるまでエルザレムに留まるよう命令した後にこの世に離れた。キリスト教の教えによればイエスはこの世に再び来られる。この時、栄光を帯びて来られる。

第二朗読:エフェソ1, 17−23

第二朗読の言葉は分かりにくいかもしれませんが、キリスト教の神学に非常にとって奥深い教えが含まれている。だから、一つずつ節の説明をしよう。17節に、著者は手当人が神の神秘を深い理解ができるように神から必要な啓示と知恵がもらえるように祈っている。18節と19節によって、信者たちは心(心の目)を使って、三つの重要な神秘が理解しなければならない。それは、彼らの希望、彼らの将来の栄光、彼らが神からいただいた神の力である。20節に、神は自分の力があらわれるわざでイエスを復活させ、天においてご自分の右の座に着かせられたことである。つまり、イエスの栄光が神のわざである。21節に、神の右の座に着かせられたイエスは永遠に全ての存在するものを支配する。22節に、天に生きているイエスは教会の頭であり、捨ての信者たちを支配する。23節に、イエスを信じている人々はイエスの体であるという。22節と23節の意味はイエスとキリスト教は一致しており、教会がイエスの恵みで存在し続けて、イエスの栄光が教会だということである。

福音朗読:マルコ16, 15−20

キリスト教はイエスの体であり、この世界でイエスの手である。と言うのも、この世に存在する教会の目的はイエスに命じられたことをする(15節)。命じられたことは 全世界に福音を宣べ伝えることである。キリスト者たちの義務は福音を宣べ伝えることだが、この福音の言葉を聞く人々は自由に選択する。教会は、この義務をイエスが再び来られる日まで果たさなければならない。

Share

 
メッセージ - B年 復活節

ヨハネの言葉遣いには「愛」という言葉の他に、「掟」や「命令」という概念も多く登場します。現代人にとってはその二つの間に解消できない対立があります。愛は自発的なものでなければならず、都合と関係なしに命じられることは矛盾ではないか、と思う人が少なくありません。今の世の人は何も命じられたくない、誰によっても決められないことを理想として目指しています。その代わりに、人を支配したり、人に義務を課したりすることは同じ気持ちで拒否したりしないのは残念です。必ず愛されたいけれど、自分から極みまで愛することをためらってしまいがちです。

興味深いことに、聖書に「神の命令」とか「神のみ旨」とか出てくる際、それは神が勝手に決める、一方的な申し付けではないことに気づきます。しかも、たまたま言う言葉と拘束力を添えて出す命令が別々ではなく、前者も後者も神の言葉はすべて守るに値します。拘束というと少し暗い不自由なイメージがありますが、いったい神様は何を言い、何を望み、何を命じているのでしょうか。復活節の朗読を読み返すと、分かりやすいです。まず、神のみ旨は永遠の命だと書いてあり、また、すべての人が御子を信じ救われ、誰も滅びないことがイエスが神から受けた命令です。使徒たちも、神の望みが私たちの聖化に他ならないなどと述べています。

そして、代表的なのはイエス・キリストの「新しい掟」、すなわち他の掟を廃止するどころか、ある意味ですべてをまとめる掟です。そこで一番分かるのは、立法者として何か外から課している義務ではなく、自分自身も行なっていること、生き様、命を共有しているだけだということです。誰かを愛することは「神が命じたから」義務だとか、「イエスのために」求められているとかではなく、またキリストの愛のような真似でもなく、むしろイエスの愛を受けて、その愛をもって神と人とを愛することであって、信仰者としての当然の結論なのです。

Share

 
メッセージ - B年 復活節

復活節も第6主日となって聖霊降臨が近づき、第一朗読では初代教会における聖霊の働きが語られています。聖霊が異邦人の上にも注がれ、民族的な垣根を越えて福音が広がって伝えられていく様が描かれています。

第二朗読と福音朗読では「愛」がテーマとなっています。第二朗読で使徒ヨハネは「互いに愛し合いましょう」と呼びかけますが、その愛はそもそも神によって私たちに示されたものであるとされています。私たちがお互いに愛するという時、それは私たちの人間的な、感情的な好き嫌いではなくて、イエス・キリストの十字架によって示された、神の愛にならうことです。

そのイエスも、今日の福音朗読の箇所で、「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた」と神の愛に基づいて弟子たちを愛されたことを強調しています。その愛は、損得によらない「自分の命を捨てて愛する」というものです。第二朗読で語られているイエス・キリストの十字架上の死こそが、その究極的な形です。
そしてやはり、使徒ヨハネと同じように、イエスも「互いに愛し合いなさい」と言われています。愛を受けていることを知っているだけでは不十分で、愛を知っているなら、同様に自分も実際に愛するよう招かれているということです。

愛を受けていることをよく理解して感謝し、自分もまたその愛を実践することで、第一朗読のように喜びの福音が世界へと広がりを見せ、「神は人を分け隔てなさらない」というペトロの言葉が人々に受け入れられるのではないでしょうか。

Share

 
メッセージ - B年 復活節

今日のテーマは、有名な「ぶどうの木—枝」の喩えです。簡単に聞こえるかもしれませんが、実はとても凝縮されたメッセージを潜めています。まず、キリストにつながっていることは、ただ電池がなくなった時に充電するために一時的に接続するためにつながるのではなく、キリストとの一致の内に生きることを指しています。いや、もっと言えます。キリストから、さながら樹液のように力を受け続け、その力によって生かされるというイメージです。私たちが実際善い行いという「実」をもたらすのは、神からの力があってこそです。さらに、それぞれ違う実を結ぶかもしれませんが、同じ栄養を受けて同じ幹につながっている枝はお互いも一致しなければなりません。花が葉っぱより大事だということはあり得ないのです。とにかく、永遠に生きるためには、時々キリストを訪れたり、しばらくキリストと共にいたりするのではなく、キリストのうちに留まること、またいただいた恵みを外へと表したかどうかということが問われます。

Share