釈義 - B年 四旬節

 

第一朗読:    歴代誌下36,14-16.19-23

歴代誌下の著者は「なぜエルザレム神殿が壊されたか」と「なぜバビロニア捕囚の時代になったか」という質問に答える時、ユダヤ教の信者の無信仰と不正義的なやり方が理由であるということを示した。しかし、ペルシヤの王クロスの命令(バビロニアに入るユダヤ人たちはエルザレムへ戻ることができる)が歴代誌下の著者にはイスラエル国民を救うための神の業だと捉えられた。

第二朗読:    エフェソ2,4-10

キリスト者にとって救いは神の業である。救いは、信仰によって神からただで貰った恵みである。このただの恵みの泉は神の愛である。人間に対する神の愛の形は、イエスを使って行った業である(受難と復活)。

福音朗読:    ヨハネ3,14-21

人間に対する神の愛に限りはあるか。福音者ヨハネは、神の愛には限りがないと考えた。神が自分の御子をこの世に送る理由は、事実の証明ではなく愛であった。神が自分の御子をこの世に送る目的は、裁きではなく救いである。

 
メッセージ - B年 四旬節

テーマ: 「神はその独り子をお与えになったほどに世を愛された。」(ヨハネ3,16)

「モーセが荒れ野で蛇を上げたのに、人の子も上げられねばならない。それは信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。」(ヨハネ3,14)

 

蛇は、毒があります。噛まれた者は、麻痺され、病気になり、死ぬ恐れがあります。

楽園の物語は、罪と死の原因は「蛇」にあると伝えます。神が愛を持って最高の者として造られた人間は、蛇の誘惑に負けて神に背き、死すべき者となりました。楽園の蛇の毒とは、人間が神を信頼しない傲慢による不従順のことであると教えます。この罪の毒は、人間が愛という心を持たないように、心を麻痺します。命の源である神から引き離す不信仰は、人を永遠に死なせる恐れがあります。人間が神を愛しなくても、人間に対する神の愛は、変わりません。「神はその独り子をお与えになったほどに世を愛された。」(ヨハネ3,16)と今日の福音は私達に伝えています。

砂漠の中で、神によって約束の地に導かれた旧約の神の民イスラエルは、エジプトの奴隷と死から救われた恵みを否定し、神を信頼しないで従わなかった時、多くの蛇が現れ、その毒によって大勢死にました。神が言われた通りに、モーセが青銅の蛇を造って木にかけると、それを仰ぐ人は皆、癒された。命を救うために罪の原因(心の毒蛇)を見つめて遠ざける必要があるという教えはここにあります。

何よりも、私達の罪の赦しのために十字架につけられたキリストの内に、私達が自分達の罪深さを見つめる必要があると今日の福音は薦めます。罪の毒で心の麻痺を受けた私達は自分自身を救うことができません。キリストは十字架上で人間の傲慢を御自分のへりくだりによって抹消し、無償の愛を持って、私達に永遠の命を与えることができます。キリストの十字架の内には、同時に、死に至るまでの最大の愛が見られます。私達はその愛によって癒され、キリストの復活の命に与ることができます。

 

 
主日の朗読聖書 - A年 四旬節

ヨハネ2・13-25
ユダヤ人の過越祭が近づいたので、イエスはエルサレムへ上って行かれた。14そして、神殿の境内で牛や羊や鳩を売っている者たちと、座って両替をしてい る者たちを御覧になった。15イエスは縄で鞭を作り、羊や牛をすべて境内から追い出し、両替人の金をまき散らし、その台を倒し、16鳩を売る者たちに言わ れた。「このような物はここから運び出せ。わたしの父の家を商売の家としてはならない。」17弟子たちは、「あなたの家を思う熱意がわたしを食い尽くす」 と書いてあるのを思い出した。18ユダヤ人たちはイエスに、「あなたは、こんなことをするからには、どんなしるしをわたしたちに見せるつもりか」と言っ た。19イエスは答えて言われた。「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる。」20それでユダヤ人たちは、「この神殿は建てるのに四十六年もか かったのに、あなたは三日で建て直すのか」と言った。21イエスの言われる神殿とは、御自分の体のことだったのである。 22イエスが死者の中から復活さ れたとき、弟子たちは、イエスがこう言われたのを思い出し、聖書とイエスの語られた言葉とを信じた。
23イエスは過越祭の間エルサレムにおられたが、そのなさったしるしを見て、多くの人がイエスの名を信じた。24しかし、イエス御自身は彼らを信用され なかった。それは、すべての人のことを知っておられ、25人間についてだれからも証ししてもらう必要がなかったからである。イエスは、何が人間の心の中に あるかをよく知っておられたのである。

 
主日の朗読聖書 - B年 四旬節

テーマ:唯一神

第一朗読:     出エジプト20,1-17

わたしは、あなたをエジプトの国、奴隷の家から連れ出した、あなたの神、主である。 (出20:2 JAS)

第二朗読:     一コリ1,22-25

しかし、ユダヤ人であってもギリシヤ人であっても、召された者にとっては、キリストは神の力、神の知恵なのです。 (1コリ1:24 JAS)

福音朗読:     ヨハネ2,13-25

また、鳩を売る者に言われた。「それをここから持って行け。わたしの父の家を商売の家としてはならない。」 (ヨハ2:16 JAS)

 
釈義 - B年 四旬節

第一朗読(出エジプト20・1-17)では、モーセを仲介者として、エジプトの奴隷状態から救い出されたイスラエルの民に「十戒」が与えられる。これは、独立して存在するのではなく、イスラエルの民と彼らを救い出した神との間で交わされる、契約のもとに、イスラエルが守るべき掟を集約したものである。これらの戒めを守るならば、祝福が与えられ、破るならば、呪い(懲らしめ)が与えられる。結果的に、イスラエルは神に対して忠実ではなかった。しかし、神はイスラエルを見捨てることなく、むしろ、その救いの意志をイエス・キリストを通して成就されようとされる。しかも、それを、第二朗読(1コリント1・22-25)で述べられているように、ユダヤ人にはつまずき、異邦人には愚かなものである、十字架につけられたキリストというかたちで成し遂げられようとなさった。福音書(ヨハネ2・13-25)においては、そのイエスの体を神殿にたとえて、壊しても三日で建て直すと言われている。これはもちろん、イエス・キリストの受難・死(十字架上の)・復活のことを言っているのであるが、彼のみではなく、彼を信じて生きる人間(神のかたどりとして造られた)すべてがそこへと招かれているのである。