釈義 - B年 待降節


第一朗読:   イザヤ61,1-2a.10-11
この言葉の著者はよく分かっていないが「第三イザヤ」と呼ばれる預言者であった(イザ56-66)。彼はバビロニア追放後に預言者的な活動をしました。この活動はイスラエル国民が自信を取り戻し、再び気持ちを強く持てるようにするための政治的な活動でした。彼の教えによればイスラエルの栄光にあふれる将来はすべて神の愛の業です。
福音者ルカはイエスがメシアであるということを示すためにこの言葉を使いました(ルカ4,18-19)。ルカの福音書の中でこの言葉は宗教的な意味を持ちました。

 

第二朗読:   1テサ5,16-24
第一テサロニケ使徒への手紙を書く理由は一つだけではありませんでした。さまざまな理由の中で終末論的な理由、イエス様が再び来られる日について、がありました。テサロニケ教会の信者はイエスがすぐ再来すると思っていましたが、ある信者が亡くなった後でイエスの来られることを疑い始めました。この問題を正すためにパウロはイエスの来られる日の待ち方について説明しました(1テサ5,16-22)。
我々は、信者として終末的な時期に生きているのでパウロの教えの通りイエスが来られる日を待たなければなりません。

 

福音朗読:   ヨハ1,6-8.19-28
福音者ヨハネによれば洗礼者ヨハネは自分自身と自分の活動の目的をよく分かっていました。メシアではなくメシアを現れさせるために必要な準備ができるように選ばれただけの人であるということを理解できました。彼は、イエスが全国民の前に現れることを待っていました。我々は、信者としてイエスが再び来られる日を待っています。

 
主日の朗読聖書 - B年 待降節

テーマ:待ち方

第一朗読:     イザヤ61,1-2a.10-11

地が芽を出し、 園が蒔かれた種を芽ばえさせるように、 神である主が義と賛美とを、 すべての国の前に芽ばえさせるからだ。

第二朗読:     1テサ5,16-24

絶えず祈りなさい。

福音朗読:     ヨハ1,6-8.19-28

彼は言った。「私は、預言者イザヤが言ったように『主の道をまっすぐにせよ』と荒野で叫んでいる者の声です。」

 
主日の朗読聖書 - B年 待降節

マルコ1・1-8

神の子イエス・キリストの福音の初め。
預言者イザヤの書にこう書いてある。
「見よ、わたしはあなたより先に使者を遣わし、あなたの道を準備させよう。
荒れ野で叫ぶ者の声がする。
『主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ。』」

そのとおり、 洗礼者ヨハネが荒れ野に現れて、罪の赦しを得させるために悔い改めの洗礼を宣べ伝えた。 ユダヤの全地方とエルサレムの住民は皆、ヨハネのもとに来て、罪を告白し、ヨルダン川で彼から洗礼を受けた。ヨハネはらくだの毛衣を着、腰に革の帯を締 め、いなごと野蜜を食べていた。 彼はこう宣べ伝えた。「わたしよりも優れた方が、後から来られる。わたしは、かがんでその方の履物のひもを解く値打ちもない。わたしは水であなたたちに洗 礼を授けたが、その方は聖霊で洗礼をお授けになる。」

 
メッセージ - B年 待降節

「見よ、主なる神。彼は力を帯びて来られ御腕をもって統治される。見よ、主のかち得られたものは御もとに従い主の働きの実りは御前を進む。」イザ 40:10

イスラエル人たちは、神に背いて罪を犯すことによって、神から離れて生きる悲しみと苦しみをよく知っていました。そして、神のもとへ導く道を教えられても、自分の力だけでは立ち戻ることができないということをも知っていました。彼らの状態は絶望的であるように見えましたが、預言者イザヤを通して神は彼らに大きな希望を与えてくださいました。それは、神ご自身が彼らのところに来られ、彼らが罪を犯すことによって作った距離をなくしてくださるという約束がもたらす希望でした。イスラエル人たちがやるべきことはただ一つでした。それは、心を準備して、彼らのところに来られる神を受け入れることであったのです。

実際に、神はイエス・キリストにおいてイスラエル人のところに来られ、この約束を成就しましたが、彼らは心の準備が出来ず、待ち望んでいた救い主を受け入れる代わりに、十字架につけて殺してしまったのです。幸いに、人間が神に逆らっても、神の救いの計画を滅ぼすことが出来ませんでした。神はキリストの死によって、罪の結果である死を滅ぼし、イスラエルの人々だけではなく、すべての人に永遠の命の可能性を与えてくださったのです。

この永遠の命とは、イエスと愛の絆によって結ばれて、三位一体の神との愛の交わりに入るということなのです。イエス・キリストはこの可能性を実現するために一人ひとりのところに来られ、ご自分の交わりへと招いてくださいます。この招きに応えて、イエスを受け入れるために、私たちは常に心の準備をしなければなりません。この準備とは、自分の生き方を正すこと、つまり、キリストの教えに逆らう振る舞いをやめるように努力しながら、キリスト自身の生き方を身に付けるように努めるということなのです。

 
釈義 - B年 待降節

 

第一朗読(イザヤの預言40・1-5,9-11)では、バビロン捕囚にあるイスラエルの民に、慰めよ、慰めよ、と捕囚からの解放がよい知らせ(エウアンゲリオン)として呼びかけられ、語りかけられる。何故それが良い知らせになるのか、それは神に従うことを妨げるすべての囚われからの解放だからである。そのとき、主なる神が力を帯びて来られ、み腕をもって統治される。その主なる神が治められる、神の国では、使徒ペトロが、第二朗読(2ペトロ3・8-14)で述べているように、一日は千年のようで、千年は一日のようである。その完成と実現の日はいつ来るかは神以外の誰も分からない。しかし、その日は神の約束に従って必ず来るのであり、わたしたちは、神に信頼して、それを待ち望む。福音書(マルコ1・1-8)においては、主イエスがその良い知らせ(エウアンゲリオン)を自らの生涯の活動(教えと癒し)と受難、十字架上の死、復活等を通して告げられ始める。イエスを駆り立て、動かしたその霊と父なる神の霊が、信ずるわたしたちをも生かし、働きかけてくださる。