お知らせ

日本のカトリック教会は毎年11月の第三日曜日からの一週間を「聖書週間」としています。今年は11月19日~26日で、そのテーマは「創造主への賛美」です。カトリック中央協議会からお知らせが出されており(リンクはここ)、毎年作成されているリーフレット「聖書に親しむ」のPDF/Word形式のデータも同ページからダウンロードできます。

この聖書週間に、例えば以下のような聖書箇所を毎日一つずつでも読んで味わい、「創造主への賛美」のテーマを心にとめながら黙想し、祈りに反映させてみてはいかがでしょうか。


創世記 1:1-2:3

神はお造りになったすべてのものをご覧になって、良いものとされ、祝福されました。その中でも、人は特別に神ご自身にかたどられ、神ご自身に似せて造られた尊い存在です。

創世記 2:4-25

人の内には、神の息が息づいています。また、人は対等な者として、お互いに助け合うように造られました。神は人をただ造っただけではなく、生きるに必要なものをも造り、使命と掟も与え、「人間らしく生きる」ようにと配慮されています。

ヨブ 10:1-22

私たちは喜びや賛美だけで毎日を過ごすことはできないでしょう。ヨブは苦難のあまり、自分が神に造られたこと、命を与えられたことまで呪います。しかし、それでもヨブは神への信仰を持ち続け、神に呼びかけることを止めません。

詩編 104

自然界に目を向けるとき、私たちはそこに神の創造の業を見出すことができます。被造物のすばらしさは、神のすばらしさを表しています。

イザヤ 40:27-31 41:17-20

造り主である神は、ただ私たちを造られただけでなく、絶え間なく支え、必要な恵みと力を与え続けて下さる方です。

マルコ 10:1-12

人を造られた神は、人が個々別々に孤立するのでなく、夫婦・家族・友人や様々な共同体の中で生きるようにされ、その関係そのものを祝福して下さっています。私たちはそれを神からのものとして大切にしているでしょうか。

ヨハネ 1:1-18

キリスト者としての私たちの信仰は、すべてを「ことば」によって造られた方が、その「ことば」すなわち御子イエス・キリストを私たちのもとに遣わされた、ということを宣言します。それは私たちにとって「恵みの上に、更に恵みを受けた」出来事です。

使徒言行録 14:8-18

自分自身も、他の誰も、たとえどんなに素晴らしい人物であっても、すべてを造られた神と並ぶ者ではあり得ません。神のすばらしさ、偉大さをたたえるとき、私たちは同時に自分の弱さを受け入れ、謙虚さを持ち、感謝します。

ローマ 1:18-23

もし本当に私たちが被造物を通して神の働きに気づき、神を知るなら、それにふさわしい感謝と生き方につながるはずです。

2コリント 5:11-21

私たちは神によって造られたものですが、キリストと結ばれて、新たな創造にあずかるものとなります。キリストと共に死に、キリストと共に生きるとき、私たちはまったく新しい命を生きることになります。

コロサイ 1:13-20

この世界も私たちも、造られたものとして不完全さがあり、罪があり、弱さがあり、造り主である神にふさわしいものではありません。しかし、神は万物を御子において造り、万物を御子によってご自分と和解させられました。

1テモテ 4:1-5

私たちが避けたり、嫌ったり、退けたりしている物事や人は、本当に悪いものではないかもしれません。神がお造りになった良いものであるのに、自分の勝手な考えで否定しているものがないでしょうか。

 
お知らせ

聖書を生活の中で共に歩んでゆく身近な『友』とすることができるように、神言会聖書使徒職委員会では「聖書を『友』にする講話シリーズ」と題して、様々なテーマから聖書にアプローチする講話シリーズを始めることになりました。今回は以下の通り、「芸術」をテーマにお届けします。


聖書を『友』にする講話シリーズ 第1回

テーマ「聖書と芸術」

日時:2018年7月7日(土) 午後3:30~4:30

場所:カトリック南山教会 大聖堂 (名古屋市昭和区南山町1)

講師:ヤコブ・ライチャーニ師 (神言会司祭・南山大学准教授)


申し込みなどは不要です。お待ちしております。

Share

 
お知らせ

日本のカトリック教会は毎年11月の第三日曜日からの一週間を「聖書週間」としています。今年は11月18日~25日で、そのテーマは最近出されたフランシスコ教皇の使徒的勧告「喜びに喜べ 現代世界における聖性」を受けて、「聖性への招き」となっています。カトリック中央協議会からお知らせが出されており(リンクはここ)、毎年作成されているリーフレット「聖書に親しむ」のPDF/Word形式のデータも同ページからダウンロードできます。

使徒的勧告の章立てとそのテーマに従って、以下、関連する聖書箇所を紹介していきます。この聖書週間に、これらの箇所を少しずつでも読んで味わい、「聖性への招き」のテーマを心にとめながら黙想し、祈りに反映させてみてはいかがでしょうか。

 

第一章 聖性への招き

私たちは、私たちの聖なる神、主に倣って聖なる者となるよう招かれています(レビ11:44、ヘブライ12:10、一ペトロ1:16)。それは神に喜ばれるように歩むことです(一テサロニケ4:1-7)。

私たちが聖となるのは、神から与えられた、他の誰のまねでもない自分自身の道においてです(一コリント12:4-11)。その使命は神の国の建設と結びついています(マタイ6:33)。

聖なる神に向かう私たちの歩みは孤独なものではありません。聖書の中には、様々な模範が示されています(ヘブライ11:1-12:3)。そのような模範、信仰の道の同伴者は、自分に近い人々、例えば家族の中にも見出すことができるかもしれません(二テモテ1:5)。

 

第二章 聖性の狡猾な二つの敵

私たちが聖性に至ることができるのは、自分の知識・理性や意思によってではありません。「人の意思や努力ではなく、神のあわれみによるもの」(ローマ9:16)であり、「神がまず私たちを愛してくださった」(一ヨハネ4:19)のです。自分の力に頼る思い上がりは、神に対しても人に対しても、自分自身を閉ざしてしまいます。

私たちは全能の神に従い、その内にあって、その前で謙遜に歩むときに神が望む全き者となることができます(創世記17:1、詩篇27:4、139:23-24)。

神に近づき、主に従うためのすべてのことの中で、最も大切で本質的なものは愛です。「愛がなければ無に等しい」(一コリント13:2)のであり、「愛の実践を伴う信仰」(ガラテヤ5:6)が重要で、愛は律法を全うするものです(ローマ13:8-10、ガラテヤ5:13-14)。

(続く)

Share