本の紹介

E・M・バウンズ著「1分間の黙想 祈りの力」(日本聖書協会 2016年)

忙しいとき、私たちはその忙しさに追われて祈る暇もないと感じるか、祈ること自体さえ忘れてしまいます。けれどもそんなときこそ、本当は祈りが必要なのかもしれません。

本書は、そんな人のために、一年366日分(うるう年も安心!)の短い黙想と祈りの材料を与えてくれる本です。文庫本ほどのサイズの1ページが日付ごとに1日分として当てられており、さっと読むだけならまさしく「1分間」ですむほどの分量しかありません。

それぞれのページには、まずテーマとなる「見出し」があり、それから旧新約聖書から取られた「聖書の短い一節」が引用され、その聖書の言葉についての短い「解き明かし」があり、最後にやはり短い「祈りの言葉」があります。読むだけなら確かに1分間ですが、それをたった5分間にするだけでも、豊かな黙想と祈りの時間になるでしょう。聖書の言葉をゆっくり二、三回繰り返して読んだり、本にある解説だけでなく、もう少しだけ自分が感じる御言葉のメッセージに思いをはせてみたり、自分自身の言葉で祈りを加えてみたり、ほんの数分間心を据えるだけで、すばらしい恵みの時になると思います。

朝起きた時、通勤の途中に、休憩時間に、あるいは寝る直前に、短い時間でも黙想し、祈ることができる機会と習慣を与えてくれる本です。