メッセージ - B年 年間

朗読: 第一朗読 エレ23:1-6

第二朗読 エフェ2:13-18

福音朗読 マコ6:30-34


時代によって、または国や文化によって理想的なリーダーは若干違うかもしれません。しかし、どの時代や社会においても理想とされるは、人々のことを最優先するリーダーです。聖書は繰り返しイスラエルの理想の指導者について語っています。イスラエルをエジプトから導き出したモーセ;士師として活躍したサムソン、イスラエルを偉大な王国として建てたダビデ王など、多く指導者が登場しました。しかし、モーセやダビデのような偉大な人物でさえ、それぞれにリーダーとして不届きなところがあります。それでも神はイスラエルのために理想の牧者がやがて登場することを約束し続けました。「みよ、このような日が来る、と主は言われる。わたしはダビデのために正しい若枝を起こす。王は収め、栄え、この国に正義と恵みの業を行う」。

預言者エレミヤがこれらの言葉を語ってから約六百年後にその日が来ました。「主は我らの救い」という名の牧者、「イエス」が民の前に現れました。ダビデのための正しい若枝は、ダビデよりも遥かに偉大な方です。彼はダビデのように敵を倒すために民を率いるのではなく、「御自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し」ました。彼はモーセのようにイスラエルの民に立法を与え、動物の地で契約を結んだのではありません。彼は、ご自分の血を持って「規則と戒律ずくめの立法を廃棄されました」。

エレミヤが語ったように、「主は我らの救い」という名の牧者、「イエス」は、群れを散らす牧者ではなく、迷い出る羊を見つけるまで探しに出かける良い羊飼いです。「イエスは船から上がり、大勢の群衆を見て、飼い主のない羊のような有様を深く憐れみ、色々と教え始められた」。理想の羊飼い、理想の指導者、理想のリーダーはいつも自分のもとに置かれている人々のことを最優先します。理想のリーダーは、自分の休み時間も、自分の健康状態も、自分の楽しみも、そして、自分の命さえも惜しまないということです。

エレミヤの口を通して約束された理想の羊飼いはイエスのこと、神御自身のことです。我々は皆、傷ついた羊、時に群れから外れる羊、誠の羊飼いを探し求める羊です。神の内に憩いの場所を見つけるまでは。

Share