メッセージ - A年 四旬節

受難の主日はイエスの受難を思い起こす日です。今日の福音朗読(マタイ27:11-54)にあるように、イエスは捕らえられ、裁判で死刑の宣告を受け、ののしられ、侮辱され、最後には十字架にかけられましたが、この苦しみはイエスにとって、どうしても避けられないことではありませんでした。彼は祭司や律法学者たちに逆らうのをやめることもできましたが、そうしませんでした。

律法に背くと非難されながらも、福音をのべ伝え、罪人と言われる人たちに手をさしのべ続けました。国の中央から離れたガリラヤにとどまることもできましたが、あえて祭司や長老たちがいるエルサレムに入りました。ユダが裏切ることを知りながら、そのままにしておきました。自分が受けることになる苦しみを過ぎ去らせて欲しいと思いながら、しかし、神の御心が行われるように、その苦難を受け入れました。祭司長や長老たちに遣わされた群衆がやってきたとき、弟子を制して、自らを引き渡しました。そして今日の朗読箇所にあるように(27:12-13)、ピラトに尋問を受けたとき、祭司長たちの訴えに反論することもできましたが、そうはしませんでした。こうしてイエスは、最後まで神の愛に従う生き方を貫くことを選びました。

ですから、この受難の主日には、イエスがどうすることを選んだのかを思い起こすと同時に、それに応えて、私たち自身が何を選ぶのかも問われています。

Share

 
メッセージ - A年 四旬節

今日の福音朗読の箇所(ヨハネ11:3-7、17、20-27、33b-45)は、ヨハネ福音書11章の本来の非常に長いテキストからいくらか省略されたものですが、それでも普段の主日よりだいぶ長くなっています。それだけ、このラザロに関する奇跡物語に重きが置かれているということです。これは単なる一回限りのいやし、よみがえりの話ではなくて、その背後に、イエスとマルタ、マリア、ラザロの兄弟たちが以前から築き上げてきた友情、その深い人間関係があるからこそ、これほど長い話として描かれています。「イエスは、マルタとその姉妹とラザロを愛しておられた」(11:5)と言われているとおりです。そのため、彼らの親しさを裏付けるような、ラザロの死に直面したイエスの「憤り」「興奮」という言葉で表現される感情がたびたびあらわにされています(11:33、38)。

イエスはマルタ、マリア、ラザロと共に喜び、共に楽しみ、良い時を過ごして良い関係を築いてきたからこそ、ここで、ラザロが死んでしまったときに、憤りを感じるほど、心を動かされています。私たちも、四旬節にキリストの十字架の苦しみに与る上で、まずイエスと、神と良い関係を築くことが大切です。まず日々の生活の中で、喜びや感謝がなければ、自分の十字架を担ってイエスについて行くことはできません。

四旬節には犠牲や節制が勧められ、イエス・キリストの受難や十字架が強調されますが、苦しみ自体が目的ではありません。そこに私たちは愛を見出し、喜びをも忘れずに歩んでいきます。

Share

 
メッセージ - A年 四旬節

今日の福音朗読(ヨハネ9:1、6-9、13-17、34-38)では、イエスが生まれつき目の見えない人をいやし、それがファリサイ派の人々にとって問題となった、というエピソードが読まれます。この盲人は、人々にとって「座って物乞いをしていた人」(9:8)であり、何より「全く罪の中に生まれた」者(9:34)と呼ばれました。しかし、イエスは彼を「あなた」とだけ呼び、朗読箇所から省かれている節では、「神の業がこの人に現れる」(9:3)と語ります。

また、ファリサイ派の人々はイエスのことも、安息日を守らない罪人である(9:16、24)と非難しましたが、一方でいやされた盲人はイエスを「預言者」(9:17)と呼び、「神のもとから来られた」(9:33)と確信し、人の子を信じる(9:35-38)と宣言しました。

イエスと盲人との関わりは、ファリサイ派の人々にとっては罪人同士の罪深いやりとりであったけれども、彼ら自身にとっては神の業を実感させる恵みの交わりであったということです。本当に価値あるものを見出すことは容易ではない、ということは、第一朗読のサムエル記(サム上16:1b、6-7、10-13a)でも強調されています。預言者サムエルが新たに王となるべき人を探しているとき、彼は「容姿や背の高さ」にとらわれましたが、神は「人間が見るようには見ない。人は目に映ることを見るが、主は心によって見る」(16:7)と語ります。

私たちの目は、何を見ているでしょうか。

Share

 
メッセージ - A年 四旬節

私たちにとって、水は生きていくために絶対に必要なものです。命をつなぐためには食べ物も大切ですが、それよりもまず水分が重要です。今日の福音の中で、サマリアの女に対して、イエスはまさに自分が生きた水を与える者であり(ヨハネ4:10)、その水を飲む人の内で永遠の命に至る水が湧き出る(4:14)と語ります。

このサマリアの女は、正午ごろに井戸に水をくみに来た、と言われています(4:6-7)。水くみは、通常、朝一番にその日に必要な分を確保するために行われたと考えられるので、わざわざ遅い時間にこの女性が井戸に来たのは理由があったのでしょう。井戸端会議というくらいで、井戸はその地域の人々が集まる社交の場でもありますが、そこで他の人に会うのがはばかられたとか、人目につきたくなかったれたのではないか、と言われています。

そうした意味で、彼女は心に何らかの傷を負い、「渇いていた」状態だったのかもしれませんが、イエスと出会い、イエスが語る言葉に耳を傾けます。そしてその結果、彼女は避けていたか、少なくとも疎遠であっただろう町の人々との関わりを回復し、彼らを信仰へと導きます。傷つき孤独であった彼女の渇きが癒やされた出来事でした。

私たちも、日々、自分を生かしてくれる「水」を与えられている恵みに感謝したいと思います。

Share

 
メッセージ - A年 四旬節

今日はマタイによる主の変容物語のバージョンが読まれます。一見すれば単純なストーリーですが、実は象徴に富んでいます。まず、先週と対照的に、イエスのアイデンティひいてはイエスに従うすべての人のアイデンティティについて論じています。4章3節・6節にあった「もし神の子なら、・・・」ではなく、「これは私の愛する子」(17章5節)という言葉が鳴ります。洗礼の場面(マタ3:17)とも共通しているが、そこと違って今回は「彼に聞け!」と付け加えられて、つまりメシアのアイデンティティはイエス自身とその確認と強化のために現されるのではなく、弟子たちのために明らかにされているということです。イエスも私たちも、神の子になりたいから何かをしなければならないのではなく、神の選びによって既に神の子供とされているからこそ、それに相応しく生きるのが義務ではなく、当然の振る舞いだと言えます。

福音記者マタイのニュアンスとしては、変容したイエスの姿はただ未来の勝利のイエスの服が真っ白になっただけではなく、イエスの顔が輝いていることを強調しています(17:2)。出エジプト記34章には、神と親しく面と向かって語った後のモーセの顔が輝き、それを覆わなければならなかったという伝統が書き記されています。ここでは、イエスは逆に本来の栄光に輝く顔の覆いを取り、その輝きを一瞬の間に見せています。それは、堕落する前の神との友情を味わっていた人間の、神の像としての尊厳をも窺わせてくれます。5節の弟子たちを囲んだ明るい雲も、イスラエル人を伴っていた神の現存の雲への言及かもしれません(出13章など)。同様に、天から響く神の声を恐れて聞きたくなかったイスラエル人(出20:18-19)と同じように、ペトロたちもこの声の前で地に伏せています。唯一イエスだけは神の言葉を受け、神の前に真っ直ぐ立つことができるのです。

それから、イエスが誰と語っているかも重要です。救いをもたらすイエスの受難の準備として、相談するのに相応しいと思われたであろうモーセとエリヤです。モーセはこの福音書で優位を占め、イエスの予型として機能していることが知られています。また、モーセもエリヤも、神と親しい友にされ、人間の中に特別な身分を味わい、民のために苦しみ、救いに貢献した人でした。申命記34章を読んでみると、モーセの後に彼に似た指導者はもう再び出現しなかった、とあります。特にその死に方において、モーセは葬られたけれども、その墓がどこにあるかは知られていません(申命記34:6)。また、列王記 下 2章11節によると、エリヤも普通の死を遂げたのではなく、ある種の昇天を経験した物語があります。ただ預言者や民の指導者だけではなく、神の子としてのメシアの到来は長く用意されていましたが、イエスにおいてこれらの予型が実現されます。

Share