メッセージ - C年 年間

今日の福音でイエスが語る物語は、有名な「金持ちとラザロ」という物語ですが、ここ数週間聴いているファリサイ派の人々との論争、イスラエルの指導者たちの批判の中に位置付けられます。つまり、失われた一人の人を探すよりもまだ残っているものを保管することを好み、失敗した息子を再び受け入れることができず、財産を賢く管理して似たような仲間を増やし、作りたがっていた権力者や裕福な人々に対する厳しい批判でした。今日もその路線で人々と神様の考え方の違い、価値の転換が見られます。いくつか比較するに値する点があります。

(1)有り余るほどお金を持っていた人は匿名で、究極に貧しい人には名前が付いています。人々の間では金持ちの方がきっと知られていて、仲間から名前や称号で呼ばれていましたが、神様の目には貧しくて小さな人にも価値があって、そういう人こそ神様に個人として(!)愛されています。
(2)生きている間は金持ちの方が上に座っていて、余った食料はテーブルの下に落ちていますが、死んでからは葬られ下に置かれます。代わりに、ずっと玄関の下に横たわっていたラザロは上に、つまり天国(アブラハムの懐)に運ばれます。かつて家の門にだけ分けられていた二人は、今度は「深い渕」によって隔たれ、上から一滴の水が落ちてくることを願っています。 
(3)追い出したりもせず、手を差し伸べようともせず、金持ちはラザロの存在を知りながらも無視していたのですが、その名前も知らなかった・知ろうとしなかったかもしれません。ところが、死んでからは実はラザロに言及していますので、実は彼を意識して、名前まで分かっていたことがバレています。しかし、相変わらず高慢な態度は変わらず、直接話しかけるのはラザロではなく、父祖アブラハムに声をかけラザロを召使として扱おうとしています。
(4)金持ち(ここではファリサイ派、サドカイ派、祭司長たちの象徴)は少なくとも形として正統なイスラエル人として死後の世界や永遠の命(ファリサイ派の信仰の特徴)をも信じていたのですが、どちらかというと自動的に救われると思っていました。そのために律法を守っていなかった、あるいは守れなかった人々を排斥もしていました。ところが、立派な生活にも関わらず陰府に下され、自慢できることは何もないラザロの方が楽園に受け入れられます。

面白いことに、お金持ちはどのようにその財産を得たかについては全く触れられず、不正な金銭だったとは限りませんが、それを自分だけのものと考えてしまうことが断罪されています。困った人を助け(られ)なかったというよりも、それを心にも留めていなかったこと(=無関心)がこの匿名の金持ち罪だったのです。ただ悪いことをしなかったかどうかではなく、(チャンスがあった時)善いことをしたかどうかについて私たちはやがて裁きを受けることになります。

Share

 
メッセージ - C年 年間

ラザロと金持ちのたとえ話(ルカ16:19-31)は、私たちの自分勝手な都合の良さを映し出しているかのようです。金持ちは家の門前でラザロが飢えと病に苦しんでいたのに意に介さず、死に至るまで手を差し伸べることもなく放っていたのに、いざ自分が陰府の炎の中でもだえ苦しむことになると、憐れみを求めて叫び声を上げ、また自分の兄弟たちの救いのために助けてくれるよう求めます。

私たちも、自分がつらいときには助けを求めるけれども他人が苦しんでいるときには手を貸さない、自分の罪には目を向けないが他人の過ちはゆるさない、そういったダブルスタンダードを使い分けて、自分に都合良くふるまうことがあります。

隣人の痛みを目の当たりにするときに、自分の痛みと重ね合わせ、自分の痛みとして受け取ることこそ、第二朗読でパウロが語る、「正義、信心、信仰、愛、忍耐、柔和」(一テモテ6:11)を追い求める生き方かもしれません。


Share

 
メッセージ - C年 年間

この主日の三つの朗読に共通するテーマは「忠実であること」です。
第一朗読のアモスの預言(8:4-7)では、新月祭や安息日などの祭日を気にしつつ、しかし一方で神と人に目を向けるのではなく、貧しい者を抑圧し、不当に利益を得ようとしている人々が非難されています。

第二朗読のテモテへの手紙(一テモテ2:1-8)では、パウロがキリスト者としての生き方を貫くようにと語っています。「常に」信心と品位を保つために、「すべての」人々のために祈りと感謝をささげ、清い手を上げて「どこででも」祈ることが勧められています。時々とか、一部だけとかではない、全身全霊をかけた「忠実さ」です。そしてそれは、「すべての人々」の救いを望む神と、「すべての人」の贖いのために命を献げたキリストの、例外のない「忠実さ」に応えるものとされています。

ルカによる福音書(16:1-13)では、不正な管理人のたとえ話が語られ、ごく小さなこと・不正にまみれた富について忠実でなければ、大きなこと・本当に価値あるものに忠実ではありえない、そして、どんな召使いも二人の主人に、神と富とに仕えることはできない、と言われています。

私たちの忠実さは、神が忠実であることへの応えです。その忠実さは、何か別のものと両立させられるものではありません。本当に価値あるものに忠実であり続けられますように。


Share

 
メッセージ - C年 年間

福音朗読の中で取り上げられているたとえ話では、いずれにおいてもわかりやすいイメージが用いられており、場面を想像し理解しやすくはなっていますが、しかしその理屈は簡単に納得できる当たり前のことではない、考えさせる内容になっています。

見失った羊のたとえ(ルカ15:4-7)では、見失ったたった一匹の羊を探すために九十九匹を野原に残す、というとんでもないリスクを冒すことが当然のように語られています。

無くした銀貨のたとえ(10:8-10)では、日当にあたる額とされるドラクメ銀貨を無くして、無事に見つけた女が、友だちや近所の人を呼び集めて一緒に喜んでもらおうとする、という大げさな態度が当たり前のように描かれています。

そして放蕩息子のたとえ(10:11-32)では、財産を無駄に食い潰し、放蕩の限りを尽くして、恥をしのんで、息子としては無理だろうから雇い人として受け入れてもらおう、とする息子の思いをひっくり返すような、父親の愛が示されます。

神の愛は、そこに与る人の数が多ければいいという問題ではなく、他の誰でもない、まさにこの「私」に向けられたものである、という重みを大切にしたいと思います。


Share

 
主日 - C年 年間

第一朗読のシラ書でも、そして福音朗読のルカ福音書においても、「へりくだること」が重要なテーマになっています。「へりくだること」「謙遜であること」は、聖書においてだけ強調されていることではなくて、日本の一般的な社会でも、あるいは世界の様々なところにおいても、美徳とされています。けれども、果たしてその一般的な美徳である「謙遜」と、聖書が求める「謙遜」が同じものであるのかと言えば、必ずしもそうではないと思います。

私たちが謙遜さを示すとき、それは結果として、周りの人に対して示されるものですけれども、キリスト者としてのへりくだりは、本質的に神の前でのへりくだりです。神の前で自分の弱さを受け入れることで、自分も他の人も、何者であろうと、すべての人が等しく神の前では罪と弱さを抱えた存在でしかないと悟るなら、おごり高ぶることも、人を見下すこともなく、逆にこびへつらうこともないでしょう。

また、十字架の上での死に至るまでイエス・キリストが示した謙遜にならうことを忘れないなら、謙遜さとは、自らの使命を受け入れて奉仕することでもあると知ることができます。

私たちは、誰に対して、何に基づいてへりくだろうとしているのか、どこを目指して謙遜であろうとしているのか、見失うことがないようにしたいものです。

Share