テーマ - テーマ

2.灰や塵を伴う行為

前回は「灰」や「塵」が持つシンボルとして、比喩としての意味について聖書の記述から考えました。今回は、実際に灰や塵が使われている聖書の中の場面に注目したいと思います。灰を頭にかぶる、塵の中に座る、地面の塵の上を転がる、という灰や塵に関した行為が、旧約聖書の中ではよく見られます。また、これと合わせて、着ている服を引き裂く、髪の毛や髭をそり落とす、粗布をまとう、嘆きの声を上げる、祈る、断食する、などの行為も伴うことが多々あります。

まず、「灰/塵をかぶる」「灰や塵の上に座る」などの行為は、既に起こったか、これから起ころうとしている災難・悲惨な出来事に際して行われます。例えば、

敗戦の知らせを伝える伝令の兵士が「頭に土をかぶっていた」(サムエル下1:2)
逆に敗戦の知らせを受けたヨシュアと長老たちは、「地にひれ伏し、頭に塵をかぶった」(ヨシュア7:6)
国の中で反乱が起こったとき、逃亡したダビデは「頭に土をかぶっていた」(サムエル下15:32)
家畜や子供たちを失い、自身もひどい皮膚病にかかったヨブは「灰の中に座り」(ヨブ2:8)、彼を見舞った友人たちも「嘆きの声を上げ、衣を裂き、天に向かって塵を振りまいて頭にかぶり、七日七晩、ヨブと共に地面に座っていた」(ヨブ2:12-13)
ハマンの策略でペルシャ国内のユダヤ人たちが迫害された時、「多くの者が粗布をまとい、灰の中に座って断食し、涙を流し、悲嘆に暮れた」(エステル4:3)
「我が民の娘よ、粗布をまとい、灰を身にかぶれ。ひとり子を失ったように喪に服し、
苦悩に満ちた嘆きの声を上げよ。略奪する者が、突如として我々を襲う」(エレミヤ6:26)

 

更に、このような災難を神の裁きによる罰と捉えて、灰や塵をかぶり、その上に座って、自分の罪を悔いたり神の憐れみを求めたりする場合があります。

預言者ヨナによる滅びの宣告を受けたニネベの王は、「王位を脱ぎ捨て、粗布をまとって灰の上に座し」、人々にも断食を命じ、悪の道を離れるように呼びかけて、滅びを免れようとした(ヨナ3:6-9)
エルサレムの荒廃について、ダニエルは「主なる神を仰いで断食し、粗布をまとい、灰をかぶって祈りをささげ」、イスラエルの罪を告白して救いを求めた(ダニエル9:3-4)
悔い改めようとしない町々に向かって、イエスが「コラジン、お前は不幸だ。ベトサイダ、お前は不幸だ。お前たちのところで行われた奇跡が、ティルスやシドンで行われていれば、これらの町はとうの昔に粗布をまとい、灰をかぶって悔い改めたにちがいない」(マタイ11:21)

このように「灰をかぶる」「塵の上に座る」という行為の目的は、自分の惨めさや弱さを神の前に示して、あるいは謙虚さ、従順さ、へりくだりの姿勢を示して、神の憐れみを求めるという儀式的な行為でした。「私はあなたの憐れみがなければ、助けがなければ何もできず、みじめなままです。だから憐れんで下さい」という嘆きの願いを表していました。

現代の私たちも、四旬節の始めに灰を頭に受け、この祈りを自分のものとします。ただ「灰を受ける」あるいは四旬節に勧められる「断食」「節制」という行為自体に恵みがある訳ではなく、そこに心が伴わないなら意味がありません。
預言者イザヤは、既に語っています。

「お前たちは断食しながら争いといさかいを起こし、神に逆らって、こぶしを振るう…そのようなものがわたしの選ぶ断食だろうか…頭を垂れ、粗布を敷き、灰をまくこと、それをお前は断食と呼び、主に喜ばれる日と呼ぶのか。わたしの選ぶ断食とは…虐げられた人を介抱し、飢えた人にあなたのパンを裂き与え、さまよう貧しい人を家に招き入れ、裸の人に会えば衣を着せかけ、同胞に助けを惜しまないこと」(イザヤ58:4-9)

「灰をかぶる」という行為に込められた意味を心に留め、正面から向き合いたくはない自分の罪や弱さを見つめ、神の前に素直に認めたいものです。四旬節は、このような自分のために主イエスは十字架の苦しみを受けられ、そして復活された、という恵みに感謝しながら、その恵みを与えられた神に立ち返る時なのです。

 

Share

 
テーマ - テーマ

四旬節の始まりの日である灰の水曜日には、「灰の式」が行われます。その中で司祭が灰を頭にかけるときに、「回心して福音を信じなさい」か「あなたはちりであり、ちりに帰って行くのです」という言葉を唱えます。この「灰」そして「塵(ちり)」という言葉は、似たような意味で、聖書、特に旧約聖書の中で用いられます。

1.取るに足りないものとしての灰、塵

まず、灰や塵は取るに足りないもの、役に立たないもののシンボルとして用いられています。

罪深いソドムとゴモラの町を神が滅ぼそうとされたとき、思い返すようにアブラハムが反論します。
「私は塵や灰にすぎませんが、あえて、我が主に申し上げます。五十人の正しい者に五人足りないかもしれませんが、それでもあなたは町のすべてを滅ぼされますか」(創世記18:27)

また、ヨブは惨めな姿になった自分について語ります。
「わたしは泥の中に投げ込まれ、塵や灰のようになった」(ヨブ30:19)

原初史物語において、禁じられていた木の実を食べて隠れていたアダムに、神が言います。
「お前は汗を流してパンを得るようになる。土に帰るときまで。お前がそこから取られた土に。塵に過ぎないお前は塵に帰る」(創世記3:19)
この「お前がそこから取られた塵」は、さかのぼって創世記2章の創造物語を思い起こさせます。
神は取るに足りない土の塵で人を作り、鼻に命の息を吹き入れて生きる者とされたが、けれどもその与えられた命がなくなれば、やはり価値のない土の塵に戻ってしまいます。
イザヤ26:19でも、死者とは塵の中に住まう者とされており、塵は死を連想させるものです。

Read more...

 
テーマ - テーマ

四旬節は、その字面の通り「四十日の期間」を表します。私たちキリスト者にとって一年で最も大切な時である、主のご復活までの40日間の準備期間です。実際には、主の復活を祝う主日である日曜日の6日間+40日で46日となります。
今回は、この「40」という数字がシンボルとして示す様々な意味について、聖書の記述から考えたいと思います。

1.一世代としての40年
何人もの士師や王の治世、あるいは祭司の任期などが40年であった(ギデオン-士師記8:28、エリ-サムエル記上4:18、ダビデ-サムエル記下5:4・列王記上2:11、ソロモン-列王記上11:42、ヨアシュ-歴代誌下24:1)。
出エジプトの後、荒れ野の旅において40年が経って世代が代わった(ヨシュ5:6)。

2.区切り、節目、一つのまとまりの単位としての「40」
きりが良い数字としての「40」です。
イサクが結婚した時(創世記25:20)、エサウが結婚した時(創世記26:34)、40才であった。
40万の歩兵が集まる(士師記20:2)。
らくだ40頭にのせた贈り物がエリシャのもとへ送られる(列王記下8:9)。

Read more...