メッセージ - B年 復活節

「次のように書いてある。『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。また、罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる』と。」ルカ 24:46-47

私たちが抱いている恐れや怒り、または妬み、絶望、不正感や無力感などのような感情は、 殆どの場合、過去に受けた傷がもたらすものなのです。このような感情によって、古い傷が私たちを支配しています。そのために、正しいと思うことができないし、逆に正しくないと思うことをやってしまうことがあるのです。多くの人が過去の苦しい体験を忘れようとしていますが、この体験を忘れることができても、それによって負わされた傷が癒されない限り、私たちは自由に、喜びと平和の内に生きることができません。

復活されたイエスは、私たちにご自分の平和を与えながら、この平和を受け入れる方法を教えています。イエスが自分の傷を弟子たちに見せることによって、私たちも自分自身の傷をイエスに見せるように呼びかけています。私たちは、自分の傷を隠すことによってではなく、それを癒すことのできる方に見せることによって、本当の癒しの過程が始まるのです。

神はイエスご自身の苦しみと傷を全ての人の救いに変えてくださったように、私たちの苦しみから善を引き出すことができます。私たちの苦しい体験から悪だけではなく、善も生じていることに気が付くことによって、神の働きを確認することができます。この体験によってイエスに対する信頼が深まるし、私たちの癒しが進みます。傷が癒されれば癒されるほど、加害者をゆるすことが当然のことになります。イエスがご自分を十字架に付けた人々をゆるしたように、私たちも心から自分の加害者をゆるすならば、イエスが与えてくださる平和を受け入れることができるのです。

 

 
主日の朗読聖書 - B年 復活節

ヨハネ20・19-31
19その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、 「あなたがたに平和があるように」と言われた。20そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。21イエスは重ねて言われ た。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」22そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言 われた。「聖霊を受けなさい。23だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残 る。」
24十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。25そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を 見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決 して信じない。」26さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あ なたがたに平和があるように」と言われた。27それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ば し、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」28トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。29イエス はトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」
30このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それはこの書物に書かれていない。31これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。

 
主日の朗読聖書 - B年 復活節

 

第一朗読:     使徒4,32-35

信じた者の群れは、 心と思いを一つにして、 だれひとりその持ち物を自分のものと言わず、 すべてを共有にしていた。 (使徒 4:32)

第二朗読:     一ヨハネ5,1-6

私たちが神を愛してその命令を守るなら、 そのことによって、 私たちが神の子どもたちを愛していることがわかります。 (一ヨハ 5:2)

福音朗読:     ヨハネ20,19-31

イエスはもう一度、 彼らに言われた。 「 平安があなたがたにあるように。 父がわたしを遣わしたように、 わたしもあなたがたを遣わします。 」 (ヨハ 20:21)

 
釈義 - B年 復活節

第一朗読:     使徒4,32-35

第一朗読の言葉はキリスト者の生活に関するものである。この言葉によってイエスを信じている人々は共同体的な生活をした。共同体的な生活というのはお金持ちの信者が持ち物を売って貧しい信者のために使うということであった。このやり方は終末的な考え方と強い関係があるということを専門家たちは考えている。この世界がすぐに終わる、つまり「イエスがすぐに再び来られるという意味である」と思っている信者たちは救いのために自分の財産を貧しい人々に与えた。しかし、使徒5、1-11によれば使徒4,32-35の言葉には観念論的な意味があるということが簡単にわかる。

第二朗読:     一ヨハネ5,1-6

第二朗読の言葉はキリスト論的な意味がある。第一の教えはイエスがメシヤ(キリスト)であるということである(行1)。このことを信じている人々は確かに神を信じている。第二の教えはイエスが神の子であるということである(行5)。また、神はイエスの洗礼の時とイエスの受難の時に自分で証しした(行6)。この二つのことを信じている人々は自分の信仰によって世界(福音者ヨハネにとって世界ということばは良くない意味がある)を敗った。

福音朗読:     ヨハネ20,19-31

イエスは神である、復活された神の子であるということを信じにくいかもしれない。現代の人々にだけではなくイエスの弟子にも信じにくいことだった(行24-29)。しかし、それはキリスト教の信仰の源である。

 

 

 
メッセージ - B年 復活節

テーマ: 「あなたがたに平和があるように」

復活したキリストは御自分の弟子達に現れる度に、「あなたがたに平和があるように」と繰り返して挨拶します。「こんにちは」というような挨拶は、イスラエルの地域で、「シャローム(あなたに平和を)」と言う習慣があります。ところで、イエス様が言う「シャローム」とは、言葉の意味を考えない社会礼儀として用いるものではない、と福音の中で強調されています。それは、キリストは人の心の平和のために命を献げて、ご復活の勝利によって与えられるものだと言います。

本日の福音では、キリストの平和を生きるために幾つかの手段が教えられています。

復活したキリストが弟子達の真ん中に立ったということは、どんな人間共同体(家庭、教会、社会)も、キリストを中心にして生きる必要性があるということを促しています。

キリストが受難によって受けた手と脇腹の傷を弟子達に見せたということは、我々の一人ひとりがキリストによって死に至るまでに愛されたことを知り、秘跡の中でキリストの過越の神秘に与る大切さを教えています。

キリストが弟子達に息を吹きかけて神の霊を与えたことは、私達がキリストの心を持って神様の愛を実践していくことに遣わされていることを現します。

キリストが弟子達に罪を赦す権能を与えになったことは、私達が神に赦されて、人を赦すように召されているということを示します。

これを信じて実行するすべての人は、キリストの御復活による真の平和で満たされることでしょう。