主日の朗読聖書 - B年 四旬節

ヨハネ12・20-33


20さて、祭りのとき礼拝するためにエルサレムに上って来た人々の中に、何人かのギリシア人がいた。21彼らは、ガリラヤのベトサイダ出身のフィリポの もとへ来て、「お願いです。イエスにお目にかかりたいのです」 と頼んだ。22フィリポは行ってアンデレに話し、アンデレとフィリポは行って、イエスに話した。23イエスはこうお答えになった。「人の子が栄光を受ける 時が来た。24はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。25自分の命を愛する者は、 それを失うが、この世で自分の命を憎む人は、それを保って永遠の命に至る。26わたしに仕えようとする者は、わたしに従え。そうすれば、わたしのいるとこ ろに、わたしに仕える者もいることになる。わたしに仕える者がいれば、父はその人を大切にしてくださる。」27「今、わたしは心騒ぐ。何と言おうか。『父 よ、わたしをこの時から救ってください』と言おうか。しかし、わたしはまさにこの時のために来たのだ。28父よ、御名の栄光を現してください。」すると、 天から声が聞こえた。「わたしは既に栄光を現した。再び栄光を現そう。」29そばにいた群衆は、これを聞いて、「雷が鳴った」と言い、ほかの者たちは「天 使がこの人に話しかけたのだ」と言った。30イエスは答えて言われた。「この声が聞こえたのは、わたしのためではなく、あなたがたのためだ。31今こそ、 この世が裁かれる時。今、この世の支配者が追放される。32わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。」33イエスは、御 自分がどのような死を遂げるかを示そうとして、こう言われたのである。

 
主日の朗読聖書 - B年 四旬節

テーマ:救いは神の業である

第一朗読:     エレミヤ31,31-34

それは、彼らがみな、身分の低い者から高い者まで、わたしを知るからだ。-主の御告げ-わたしは彼らの咎を赦し、彼らの罪を二度と思い出さないからだ。」 (エレ31:34 JAS)

第二朗読:     ヘブライ5,7-9

完全な者とされ、彼に従うすべての人々に対して、とこしえの救いを与える者となり、 (へブ5:9 JAS)

福音朗読:     ヨハネ12,20-33

今わたしの心は騒いでいる。何と言おうか。『父よ。この時からわたしをお救いください』と言おうか。いや。このためにこそ、わたしはこの時に至ったのです。 (ヨハ12:27 JAS)

 
釈義 - B年 四旬節

第一朗読(エレミヤ31・31-34)では、イスラエルが守ることができなかった、シナイ契約ではなく、神がイスラエルの民、ユダの民と結ぶ、新しい契約について述べられたいる。二枚の石版に書き記された古い契約と違って、預言者エレミヤが告げる、新しい契約は、民の胸の中に授けられ、彼らの心に記される。そのようにして、わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となると主は言われる。すなわち、この新しい契約は、神のかたどりとして造られた人間の、その体と心の中に書き記されるのである。それ故、かれらはすべて主を知ることになり、主彼らの悪を赦し、再び彼らの罪に心を留めることはないと宣言される。第二朗読(ヘブライ5・7-9)では、神のこの赦しと救いの意志が、肉となったイエス・キリストのうちに、どのようなかたちで成就されたかが述べられている。激しい叫び声をあげ、なみだを流しながら、多くの苦しみによって従順を学ばれ、それによって、完全な者となられ、ご自分に従順なすべての人々に対して、永遠の救いの源となったと述べられている。福音書(ヨハネ12・20-33)においては、この救い主イエスのすがたと生き様(生涯の教えと癒しの活動)・受難・死(十字架上の)・復活が、より明確に言明される。「自分の命を愛するものは、それを失うが、この世で自部の命を憎む人は、それを保って永遠の命に至る。わたしに仕えようとする者は、わたしに従え、...わたしに仕える者がいれば、父はその人を大切にしてくださる。」

 
メッセージ - B年 四旬節

 

「キリストは御子であるにもかかわらず、多くの苦しみによって従順を学ばれました。そして、完全な者となられたので、御自分に従順であるすべての人々に対して、永遠の救いの源となり(ました。)」ヘブ 5:8-9

 

「自分の命を愛する者は、それを失うが、この世で自分の命を憎む人は、それを保って永遠の命に至る。」(ヨハ12:25)というイエスの言葉の意味を表わすために、それを「自分のことを何よりも大切にする者は、自分を滅ぼすが、自分よりも、誰かを大切にする人は、自分を生かす。」という言葉に変えることができると思います。

「自分のことを何よりも大切にする者」とは、誰のことでしょうか。それは、自分の楽しみや満足、つまり自分の要求を満たすために利用できるもの(物資、植物、動物、人間)を何でも利用し、そのものに何らかの害を与えるかどうか、またそのものを滅ぼしているかどうかと全然気にしない人のことです。要するに、「自分のことを何よりも大切にする者」とは、自分さえ良ければいいと思っていて、誰をも愛していない人のことです。このように生きている人は、意識しなくても、「この世の支配者」と言われたサタンの望みに従いますし、サタンに使えていますので、この生き方を変えない限り、同じ運命にあずかるようになっても驚くべきことではないでしょう。

人間は、誰かを愛するようになれば、何よりも、自分の要求を満たすことさえよりも、他者の善を求めます。そして他者の善のために実際に全力を尽くしているのです。この人は、必要に応じて、愛する人のために、苦しみを受けることや自分の命を献げることができますので、それを意識しなくても、実際にイエス・キリストのように、つまり愛である神の望みに従って生きていますので、イエスと共に、神の命にあずかっているのです。

自分の命よりも、大切にする誰かがいますか?

 
主日の朗読聖書 - B年 四旬節

ヨハネ3・14-21
〔そのとき、イエスはニコデモに言われた。〕14「モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も上げられねばならない。15それは、信じる者が皆、人の 子によって永遠の命を得るためである。16神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得る ためである。17神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。18御子を信じる者は裁かれない。信じない 者は既に裁かれている。神の独り子の名を信じていないからである。19光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、も う裁きになっている。20悪を行う者は皆、光を憎み、その行いが明るみに出されるのを恐れて、光の方に来ないからである。21しかし、真理を行う者は光の 方に来る。その行いが神に導かれてなされたということが、明らかになるために。」