主日の朗読聖書 - B年 四旬節

テーマ:福音

第一朗読:     創世記9,8-15

わたしはあなたがたと契約を立てる。すべて肉なるものは、もはや大洪水の水では断ち切られない。もはや大洪水が地を滅ぼすようなことはない。」 (Gen 9:11)

第二朗読:     一ペトロ3,18-22

そのことは、今あなたがたを救うバプテスマをあらかじめ示した型なのです。バプテスマは肉体の汚れを取り除くものではなく、正しい良心の神への誓いであり、イエス・キリストの復活によるものです。 (1Pe 3:21)

福音朗読:     マルコ1,12-15

「時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。」 (Mar 1:15 S)

 
釈義 - B年 四旬節

第一朗読(創世記9・8-15)では、ノアの洪水物語の結論部分が描かれている。主なる神は、再び洪水によって肉なるもの(人間)がことごとく滅ぼされることはないと約束され、ノアと生き残ったものたちと契約を立てられる。その契約のしるしとして主なる神は虹を置かれ、これが主なる神と大地の間に立てられた契約のしるしとなる。この契約は主なる神の慈愛に満ちた約束に基ずくものであり、それが真実であることは、ペトロが第二朗読(1ペトロ3・18-22)で、詳しく説明している。キリストは正しい方であったが、正しくない者たちの罪のため、ただ一度苦しまれた。それはすべての人を神へ導くためであり、肉では死に渡されたが、霊では生きる者とされたと。ノアの箱舟に乗った8人が水の中を通って救われたように、洗礼を受けたキリスト者は、今やイエス・キリストの復活によって救われることになると。ただ、この神の慈愛はその約束によってすべての人に与えられているが、人間は神の霊に従うのではなく、サタン(神に逆らうよう人を誘惑する)に従い、そういう意味で肉に従って生きることもできるし、実際、そのような人が多い。その危険性に対して、福音書(マルコ1・12-15)においては、イエスがイスラエルと全人類の救い主として、その誘惑に打ち克つ。イエスは、師ヨハネが捕らわれた後、自ら神の福音を述べ伝えられた。「時は満ち、神の国は近ずいた。悔い改めて福音を信じなさい。」

 
メッセージ - B年 四旬節

「イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。」マコ 1:14-15

 

イエスと洗礼者ヨハネが全く同じ言葉をもってそれぞれの活動を始めました。けれども、同じ言葉を語っても、二人とも、全く違うことを述べ伝えようとしたのです。

まず、洗礼者ヨハネにとって、「神の国」というのは、神の裁きのことでした。「神の国が近づいた」ということは、神の裁きの日が迫ってきたという意味でした。洗礼者ヨハネによれば、神が非常に厳しい審判を行いますので、苦しい罰を避けるために、ただ一つの方法があります。この方法とは、神から裁きを受ける前に、悔い改めて、良い実を結ぶことでした。ヨハネはこの言葉によって人の心に恐れをもたらし、回心をさせようとしたわけです。

イエスにとって、「神の国」とは、人間の神との愛の交わりのことです。「神の国が近づいた」とは、すべての人々にとって、神との愛の交わりが可能になったという意味でした。人間の心の最も深い渇望が満たされることが可能になったというのは、人間が自分の努力によって神との親しい交わりのうちに生きるように相応しくなったためではなく、神ご自身がイエス・キリストにおいて、罪を犯すことによって神から離れた人々に近づき、イエス・キリストの愛と命による最高のいけにえによって私たちの罪をあがなって、全人類を和解してくださったためなのです。要するに、イエスは洗礼者ヨハネと違って、恐れをもたらすことによってではなく、良いお知らせを伝え、人間に希望を与えることによって回心へと呼びかけたわけです。

神の国に入る可能性は報いではなく、神の無償の賜物なのです。しかし、この賜物を受け入れるために、私たちは神のみ旨に適わない生き方をやめて、イエス・キリストを自分の人生に受け入れることによって父である神を受け入れる必要がありますので、「神の国が近づいた」というイエスの呼びかけに励まされて、悔い改めることができますように祈りましょう。

 
主日の朗読聖書 - B年 年間

マルコ2・1-12

1数日後、イエスが再びカファルナウムに来られると、家におられることが知れ渡り、2大勢の人が集まったので、戸口の辺りまですきまもないほどになっ た。イエスが御言葉を語っておられると、3四人の男が中風の人を運んで来た。4しかし、群衆に阻まれて、イエスのもとに連れて行くことができなかったの で、イエスがおられる辺りの屋根をはがして穴をあけ、病人の寝ている床をつり降ろした。5イエスはその人たちの信仰を見て、中風の人に、「子よ、あなたの 罪は赦される」と言われた。6ところが、そこに律法学者が数人座っていて、心の中であれこれと考えた。7「この人は、なぜこういうことを口にするのか。神 を冒涜している。神おひとりのほかに、いったいだれが、罪を赦すことができるだろうか。」8イエスは、彼らが心の中で考えていることを、御自分の霊の力で すぐに知って言われた。「なぜ、そんな考えを心に抱くのか。9中風の人に『あなたの罪は赦される』と言うのと、『起きて、床を担いで歩け』と言うのと、ど ちらが易しいか。10人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう。」そして、中風の人に言われた。11「わたしはあなたに言う。起き上が り、床を担いで家に帰りなさい。」12その人は起き上がり、すぐに床を担いで、皆の見ている前を出て行った。人々は皆驚き、「このようなことは、今まで見 たことがない」と言って、神を賛美した。

 
主日の朗読聖書 - B年 年間

テーマ: 神の民

第一朗読:     イザヤ43,18-19.21-22.24b-24

わたしのために造ったこの民は わたしの栄誉を宣べ伝えよう。 (Isa 43:21)

第二朗読:     二コリ1,18-22

私たちをあなたがたといっしょにキリストのうちに堅く保ち、私たちに油をそそがれた方は神です。 (2Co 1:21)

福音朗読:     マルコ2,1-12

イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に、「子よ。あなたの罪は赦されました」と言われた。 (Mar 2:5)