釈義 - B年 待降節

第一朗読(サムエル下7・1-5,8b-12,14a,16)では、主なる神は、預言者ナタンを通して、ダビデ王に約束のことばを与えられる。「あなたの身から出る子孫に跡を継がせ、その王国を揺るぎないものとする。わたしは彼の父となり、彼はわたしの子となる。あなたの家、あなたの王国は、あなたの行く手にとこしえに続き、あなたの王座はとこしえに堅く据えられる。」この福音について、パウロは第二朗読(ローマ16・25-27)で、秘められた神の計画を啓示するものであり、今やそれは現されて、すべての異邦人に知られるようになったと述べている。そしてそれは、イエス・キリストを通して栄光が神に世々限りなくあるようにするためである。福音書(ルカ1・26-38)においては、その約束通リに、ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめマリア男の子が産まれ、その名はイエス(主は救われる)と名付けられる。わたしたちの父なる神の救いの意思が、人間の只中に、しかも人間の思惑や力を超えた神の霊の働きによって実現される。わたしたちは、この神の大いなる慈愛と救いの恵みを良き知らせ(エウアンゲリオン)として、信頼をもってマリアと共に受け入れるよう招かれている。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」

 
主日の朗読聖書 - B年 待降節

 

テーマ: 神の選択

第一朗読:     2サム7,1-5.8b-14a

彼はわたしの名のために一つの家を建て、わたしはその王国の王座をとこしえまでも堅く立てる。わたしは彼にとって父となり、彼はわたしにとって子となる。

第二朗読:     ローマ16,25-27

知恵に富む唯一の神に、イエス・キリストによって、御栄えがとこしえまでありますように。アーメン。

福音朗読:     ルカ1,26-38

「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。

 
主日の朗読聖書 - B年 待降節

神から遣わされた一人の人がいた。その名はヨハネである。 彼は証しをするために来た。光について証しをするため、また、すべての人が彼によって信じるようになるためである。 彼は光ではなく、光について証しをするために来た。
さて、ヨハネの証しはこうである。エルサレムのユダヤ人たちが、祭司やレビ人たちをヨハネのもとへ遣わして、「あなたは、どなたですか」と質問させたとき、彼は公言して隠さず、「わたしはメシアではない」と言い表した。 彼らがまた、「では何ですか。あなたはエリヤですか」と尋ねると、ヨハネは、「違う」と言った。更に、「あなたは、あの預言者なのですか」と尋ねると、「そうではない」と答えた。
そこで、彼らは言った。「それではいったい、だれなのです。わたしたちを遣わした人々に返事をしなければなりません。あなたは自分を何だと言うのですか。」 ヨハネは、預言者イザヤの言葉を用いて言った。
「わたしは荒れ野で叫ぶ声である。
『主の道をまっすぐにせよ』と。」
遣わされた人たちはファリサイ派に属していた。 彼らがヨハネに尋ねて、「あなたはメシアでも、エリヤでも、またあの預言者でもないのに、なぜ、洗礼を授けるのですか」と言うと、ヨハネは答えた。「わたしは水で洗礼を授けるが、あなたがたの中には、あなたがたの知らない方がおられる。その人はわたしの後から来られる方で、わたしはその履物のひもを解く資格もない。」 これは、ヨハネが洗礼を授けていたヨルダン川の向こう側、ベタニアでの出来事であった。

 
メッセージ - B年 待降節

テーマ:「主の道をまっすぐにせよ」

洗礼者ヨハネは言った。

「わたしは、荒れ野で叫ぶ声である。

『主の道をまっすぐにせよ』と。」(ヨハネ1,23)

 

次のような例え話が聞いたことがあります。

クリスマスの季節になった時、あるユダヤ教の信徒は、ラビの所に来て尋ねました。「私達の預言者達が昔、預言していた救い主は、既にこの世に来られたと町の人が

言っています。先生、それは本当ですか。」と。ラビは、テレビをつけて暫くニュースを、窓を開けて町の人々の様子を見ていました。そして、「いいえ。まだ来ていない!

もし、キリストが既に来られたなら、人々の生き方はこのようなものではないはずだ。」と答えました。

例えのラビは、テレビや窓から何を見たのでしょうか。それは勿論、私達が毎日、目や耳にすることです。すなわち、クリスマス飾り、イルミネーション、サンタクローズ、クリスマス・プレゼントの宣伝、クリスマス・セールのニュース、また、人々が町で買い物をしたり、クリスマス・パーティーや忘年会などのような光景です。そして、クリスマスに関係なく、政治家のスキャンダルのニュース、人の自己アピール、経済的な危機、盗み、殺人、戦争などのニュースもあり、街では、ある者は仕事や商売で自分を忙しくしたり、他の人達は、遊んだり、喧嘩したりします。神から来られた救い主と共に生活を送る様子はあまり見当たりません。これらのことにまきこまれている私達の人生の道がとても複雑で、私達もあらゆるものに心を向けて思い患い、迷っています。このような状態では、救い主が来られたとしても、見出すことが難しいものでしょう。

待降節は、回心の時です。「回心」とは、「神に立ち返ること」です。回心の結果は、よこしまで曲がった道を捨て、キリストと共に神に向かって人生の道を真っすぐ歩むことです。回心の恵みとは、キリストの赦しと神との再会の喜びです。 人々は、あなたの喜びに満ちて真っ直ぐな人生を見て、神からの救い主が既に来られたことが分かるでしょうか。

 
釈義 - B年 待降節


第一朗読:   イザヤ61,1-2a.10-11
この言葉の著者はよく分かっていないが「第三イザヤ」と呼ばれる預言者であった(イザ56-66)。彼はバビロニア追放後に預言者的な活動をしました。この活動はイスラエル国民が自信を取り戻し、再び気持ちを強く持てるようにするための政治的な活動でした。彼の教えによればイスラエルの栄光にあふれる将来はすべて神の愛の業です。
福音者ルカはイエスがメシアであるということを示すためにこの言葉を使いました(ルカ4,18-19)。ルカの福音書の中でこの言葉は宗教的な意味を持ちました。

 

第二朗読:   1テサ5,16-24
第一テサロニケ使徒への手紙を書く理由は一つだけではありませんでした。さまざまな理由の中で終末論的な理由、イエス様が再び来られる日について、がありました。テサロニケ教会の信者はイエスがすぐ再来すると思っていましたが、ある信者が亡くなった後でイエスの来られることを疑い始めました。この問題を正すためにパウロはイエスの来られる日の待ち方について説明しました(1テサ5,16-22)。
我々は、信者として終末的な時期に生きているのでパウロの教えの通りイエスが来られる日を待たなければなりません。

 

福音朗読:   ヨハ1,6-8.19-28
福音者ヨハネによれば洗礼者ヨハネは自分自身と自分の活動の目的をよく分かっていました。メシアではなくメシアを現れさせるために必要な準備ができるように選ばれただけの人であるということを理解できました。彼は、イエスが全国民の前に現れることを待っていました。我々は、信者としてイエスが再び来られる日を待っています。