釈義 - B年 年間

第一朗読:           イザヤ43,18-19.21-22.24b-24

第一朗読の言葉の背景には、バビロニア移住後だということである。バビロニア移住の理由はイスラエルの罪であったと、預言者イザヤは思っていた(イ ザ43、22-24)。バビロニア移住から解放されることが神の業であった(43,18-19.20)。イスラエルの民は神の国民であるので、いくら苦し い時代があってもいつも最後に神に救われる国民である。

第二朗読:           二コリ1,18-22

パウロはイエスの僕(奴隷)として様々な所ですべての人々に福音を述べ伝えて教会を樹立した。だから、彼は「弟子」と呼ばれる権利があった。けれど も、彼は自分でやった業を自分の力でできたことと思っていなかった。彼は、いつも神の力のおかげで伝道を出来ると思っていた。だから、教会を作る方は神で ある。「私たちをあなたがたといっしょにキリストのうちに堅く保ち、 私たちに油をそそがれた方は神です。」

福音朗読:           マルコ2,1-12

福音書の言葉は「イエスの権利と尊厳についての議論」と呼ばれる部分の中での最初の議論である。人間の罪を許す権利は神だけにある。だから、イエスは中風の人に言う時に受身を使った。「 子よ。 あなたの罪は赦されました」と言われた。イエスは人間の罪を許す権利があるということを証する業が中風の人をいやす奇跡である。

 
メッセージ - A年 待降節

テーマ: 「イエスはその人たちの信仰を見た。」(マルコ4,5)

中風の人を癒して頂くために四人の男は、床を担ぎ、群衆に阻まれ、屋根に登ぼり、穴をあけたり、病人をつり降ろしたりして、様々な障害を乗り越えて、病人をイエス様のもとに運んで来ました。ところで、イエス様は病人の体を診たのではなく、四人の信仰を見たのです。中風の人の病気を治そうとするのではなく、「子よ、あなたの罪は赦される」と言われて、イエス様は先に心の麻痺を起す罪を取り除いたのです。これを信じない人に対して、心の癒しを証明するために、キリストは中風の人に、「起き上がり、床を担いで家に帰りなさい。」と言われて、その病気を治したのです。これを見た群衆は、信仰を深めて神様を賛美しまた。治った病人は、その時まで彼を運んでくれた床を背負って、自分で運ぶようになったのです。

私達の罪からの救いは、イエス様が中風の人を癒すようなものだと思われます。罪人は、中風の人のように自分で立ち上がることができず、自力でキリストに近づくこともできません。赦すことを知らない群衆のように世間は、彼を無視して場合によって酷く扱うために癒されないような妨げとなります。

福音の四人の男は、キリストを信じる共同体である教会の象徴となります。教会は、信仰から生まれる祈りと愛の実践を持って、キリストへの道を妨げる障害を乗り越えて、罪人をキリストのもとに連れて行く力があります。キリストは私達の罪ではなく、教会の信仰を顧み、私達の罪を赦し、心に平和をお与えになります。

教会の中で大切なのは、中風の人を担いだ四人のように、私達の生きる信仰が多くの人にキリストへの道を開き、キリストの救いについての証しが、多くの人々の心を神様への賛美と信仰の喜びで満たすことです。又、病気を治して頂いた中風の人を運んだ床を、彼は自分で運ぶことになったように、罪を赦された者は、積極的にキリストの言葉に従って、以前犯した罪を償いながら御父の家に前進するように呼ばれています。

 

 

 
主日の朗読聖書 - B年 年間

マルコ1・40-45
40 [そのとき、] 重い皮膚病を患っている人が、イエスのところに来てひざまずいて願い、「御心ならば、わたしを清くすることがおできになります」と言った。41イエスが深 く憐れんで、手を差し伸べてその人に触れ、「よろしい。清くなれ」と言われると、42たちまち重い皮膚病は去り、その人は清くなった。43イエスはすぐに その人を立ち去らせようとし、厳しく注意して、44言われた。「だれにも、何も話さないように気をつけなさい。ただ、行って祭司に体を見せ、モーセが定め たものを清めのために献げて、人々に証明しなさい。」45しかし、彼はそこを立ち去ると、大いにこの出来事を人々に告げ、言い広め始めた。それで、イエス はもはや公然と町に入ることができず、町の外の人のいない所におられた。それでも、人々は四方からイエスのところに集まって来た。

 
メッセージ - B年 年間

「さて、らい病を患っている人が、イエスのところに来てひざまずいて願い、「御心ならば、わたしを清くすることがおできになります」と言った。イエスが深く憐れんで、手を差し伸べてその人に触れ、「よろしい。清くなれ」と言われると、たちまちらい病は去り、その人は清くなった。」マコ 1:40-42

律法は重い皮膚病を患っている人が健康な人に近づくのを禁じていました。健康な人にもこの病気を患っている人に触れることや近づくことさえも禁じられていました。万一、誰かがこの人に触れたならば、自ら汚れたものになり、病人と同じように扱われるようになることが決まっていました。

イエスに近づいた病人だけではなく、この人に触れたイエスも、律法を破りました。けれども、結果的にイエスが汚れるようになったのではなく、重い皮膚病を患っている人が清められたのです。けれども、病人が本当に癒されても、祭司の証明書がなければ、誰もこの人が治ったということを認めることが出来なかったし、この人は普通の生活に戻ることもできませんでした。祭司の証明書がない限り、イエスも町に入ることができなくなっていました。

癒された人は、イエスの言いつけを無視したために、そんなつもりがなくても、町に入ろうとしたイエスの計画を妨げました。けれども、イエスが自分の計画を実現することができなくなっても、イエスの周りに集まる人は少なくなったのではなく、不思議に増えてきたのです。

この物語は、神の働き方と神の力を表わしています。まず、神は人が造った制限を超えて、そこから人を救い出すことがわかります。それから、神の救いの働きは、人間の不従順によって止められることなく、反対されればされるほど力強くなり、元々の計画よりも立派なことが成し遂げられるということもわかります。

人々は、イエスを十字架に付けることによって、その救いの働きを完全に破壊しようとしましたが、結果的に、キリストの十字架は、最も大きな恵みの源になりました。十字架上でイエスは、本当に罪とその結果である死に打ち勝って、私たちのために永遠の命への道を開いてくださったことをイエスの復活が証明します。

 
釈義 - B年 年間

第一朗読(創世記3・16-19)では、天地万物の創造主なる神から女とアダム(男)に対してその運命について語りかけられる。人間の宿命と男と女の関わりについて冷静に淡々と述べられている。第二朗読(1コリント10・31-11・1)ではパウロが人間(男と女)の創造を頂点とする、この天地万物の創造はそもそも「神の栄光を現すため」であることを説き明かしている。彼はすべての人間が、この神の栄光を現すために、その慈愛へと招かれていることを受け入れ、信じて、喜びを持って生きるようになるために、己が使命をキリストに倣う者となることと言明している。そして、すべてのキリスト者がパウロに倣って、同じくキリストに倣う者となるようにと勧告している。福音書(マルコ1・40-45)においては、主イエスが父なる神の慈愛を癒しの業を通して実践していく様が描かれているが、その評判は抑えようとしても人々の間に拡がっていったことが強調されている。このように、神の栄光は創造の業を通して、私たちがイエスに倣い、パウロに倣って生きることによって人々の間に現されるものとなる。