メッセージ - C年 年間

今日の福音朗読(ルカ20:27-38)でイエスが伝えている「復活」は「よみがえり」や「蘇生」とは異なります。もし復活が「よみがえり」や「蘇生」であるなら、その「復活」は、今私たちが生きているこの世の命の単なる延長でしかなく、二つの命のあり方は全く同じであって、同じ価値しかありません。だから「復活」を「よみがえり」の意味でしか捉えていなかったサドカイ派の人々は、この世の結婚と跡継ぎの制度を復活にあてはめてイエスに難癖をつけ、論争を挑んできました。

しかし、それは大変な思い違いでした。イエスが語る復活の命は、この世の命とは全く異なるものです。だからこそ私たちは今、苦しみや痛みがあるとしても、希望を持って、喜びを持って生きています。不完全な世の中に垣間見える神の愛に力づけられて、簡単ではない日々を生きています。他の何を犠牲にしてもこの世で生きることが究極の目的であれば、自分の信仰も、信念も、親兄弟や友人を売り飛ばしてでも生きようとするでしょう。けれども、そのような命の生き方に、私たちは価値を見出しません。神の愛の内に生きる復活の命こそ、イエスに従って生きる命です。

同じように第一朗読のマカバイ記(第二マカバイ7:1-2, 9-14)では、七人の兄弟と母親が、神に背いて生きることよりも、神に従って苦しみを受け、自分の命を引き渡すことを選ぶ姿が描かれています。第二朗読のテサロニケの教会への第二の手紙(2:16-3:5)でも、パウロが、道に外れた悪人から逃れて、永遠の慰めと確かな希望を与えてくださる神の愛と、キリストの忍耐を悟るように勧めています。

Share

 
メッセージ - C年 年間

今日の福音朗読(ルカ19:1-10)に登場するザアカイは徴税人でした。徴税人たちは、自分たちの国を支配しているローマの代わりに同胞からお金を集めるのが仕事で、しかもその集める税金に自分の取り分を上乗せしており、その時に不正に多く取り立てることも多かったので、外国の支配者に魂を売った裏切り者として扱われました。ですから、人混みの中でイエスがどんな人なのか見ようとしていたザアカイは「群衆に遮られて見ることができなかった」と言われていますが、それは単に彼の「背が低かった」からだけではなく、人々から嫌われていて意図的に邪魔されたのだ、という解釈があります。

この解釈が正しいかどうかはわかりませんが、そうした状況は、普段のザアカイの姿を見ていれば「自業自得だ」と感じることでしょう。人々は確かに、ザアカイが何を生業として生きているのかを見ていました。だから彼が自分の家に宿を取ってくれる人がいないほど孤独であろうが、忌み嫌われていようが、当然の報いだと考えます。しかしイエスは、人々が「罪深い男」と見ていたザアカイを木の上に見た時、人々が見たものの向こう側を見ました。「この人もアブラハムの子なのだから」と彼の中に価値を見出しました。まさに「失われたものを捜して」見つけました。そして救いをもたらしました。

見ないで判断し裁くこともある私たちは、見たことに基づいて判断していれば十分なのかもしれません。しかし、イエスは見えない痛みや苦しみ、今はまだ見えない立ち直る姿、救われる姿を見て手を差し伸べます。そして私たちは、ザアカイの中に、それに値しないのに多くの恵みを受けている自分の姿を見出します。

Share

 
メッセージ - C年 年間

イエスが語られた「祈るために神殿に上った二人のたとえ」(ルカ18:10-14)は、「自分は正しい人間だとうぬぼれて他人を見下している人」「高ぶる者」と「へりくだる者」との対比を明らかにする話ですが、実際はこの二人の間に、高ぶるかへりくだるか以上の違いを見て取ることができます。

ファリサイ派の人は「感謝します」と言いながら、自分がどれほどの者であるか、自分が何をしたかを語るだけで、神の方を向いておらず、その感謝も神の恵みに対するようには聞こえません。一方、徴税人は「神様、罪人のわたしを憐れんでください」と、罪にまみれた自分自身を神の前にさらけ出し、神からの憐れみを求めます。

私たちの祈りは、その内容が良くても悪くても、神に向かってなされているかどうかが問われています。感謝であっても、後悔であっても、それが自分の中で完結していては祈りにはなりません。それを忘れるとき、結果として高ぶることになり、「自分」が正しいとうぬぼれることになるのではないでしょうか。

Share

 
メッセージ - C年 年間

聖書におけるいやしは、単に「病気の状態から肉体が回復すること」ではありません。それは社会への復帰であり、人々に受け入れられることであり、神に見捨てられたのではなく、愛されていると確認することでした。傷ついた全人格のいやしでした。福音朗読(ルカ17:11-19)における、いやしを求めるサマリア人の必死の訴えと、いやされた後の彼の賛美と感謝が、その重みがどれほどであったかを示しています。第一朗読の列王記(王下5:14-17)に登場するナアマンも、重い皮膚病からの回復に神の働きを認めました。

私たちにも、日々の生活の中で手にして当たり前と思っていることに、大きな恵みを感じ取るチャンスが与えられています。病に限らず、倒れて傷ついた状態から回復するときに、立ち上がる力を与えられていることを実感します。周りの人の支えがあり、恵みに生かされて、引き上げてもらっていると気づきます。そのとき、同時に感謝の心を表すことができるように願いたいものです。

Share

 
メッセージ - C年 年間

福音朗読の「主人と僕(しもべ)のたとえ」(ルカ17:7-10)に見られる、僕が主人に一方的に仕える関係性は、平等や人権が大切にされている現代に生きている私たちにとって、少し理解しにくいものかもしれません。昼間の畑仕事や羊を飼う仕事から帰ってきても、休むことは絶対に許されず、すぐに主人のために夕食の用意をして食事の給仕をしなければならない。主人のために昼も夜も働いても、当の主人はその僕に感謝するはずもく、ただ「私は取るに足りない僕です。しなければならないこと、当たり前のことをしただけです」と応えるのがあるべき僕の姿とされています。

私たちは皆、誰かのため、あるいは自分自身が生きていくために、それぞれ仕事をし、家庭でも家事をしますけれども、仕事をしても何の報酬もない、ということはないですし、家庭のことでもそれ以外の人との関わりの中でも、自分がしたことに対して何か反応が欲しい、と思うのは自然なことです。それは何か大きな報酬、大げさな評価でなくても、「お疲れ様」とか「ありがとう」の感謝の一言でいい、ねぎらいの言葉をかけてくれるだけでいい、自分がしたことを認めてくれるだけでもいい、そういう気持ちは誰しも持つものだと思います。

けれども、私たちが信仰に基づいて行動するとき、そうであってはならない、報酬や見返り、人からの評価はその目的ではない、というのが今日の福音全体のメッセージです。この僕のたとえの前に、からし種の話(17:6)があり、からし種一粒ほどの小さな信仰でもあれば何でもできる、と言われていますけれども、信仰を持って、神に仕えるとき、人に仕えるとき、報酬がなくても、何の得にならなくても、誰も褒めてくれなくても、感謝してくれなくても、かえって逆に反対を受けても、ばかにされても、自分の使命、正しいと思うこと、しなければならないと思うことを果たしなさい、そういう励ましの言葉が与えられています。

それはまさに、十字架の上のイエスの姿です。誰からも感謝されず、褒められることもなく、かえってののしられたり、馬鹿にされたり、裏切られたりしながらも、それでも恨むこともせず、すべての人のために十字架の上で自分の命をささげました。


Share