メッセージ - B年 年間

今日は年間第4主日に入りました。福音朗読では「神の聖者」として「権威ある新しい教え」を持ち、「汚れた霊」を追い出したイエス・キリストの姿が描かれています。イエスを見聞きした人々は皆非常に驚きました。言うまでもなく、律法学者とは違ってかつてのないイエス・キリストの言動を語りながら、マルコは間違いなくイエスこそが預言され、神のもとから遣わされた者だと人々に促したでしょう。まずここで福音記者の促しを心に留めながら今日の福音書を眺めることが重要なポイントだと思います。


汚れた霊、悪霊の話を聞くと、肉体的にも精神的にも丈夫なわたしたちは「そんなに関係ない」と言い、一安心で済むでしょう。しかし、信仰の観点から悪霊という存在を考えていけば、事情が一旦に変わってきます。もし悪霊というものを神に逆らう勢力、信仰者たちを神から切り離そうとする存在としてとらえたら信者のわたしたちは悪霊とはもはや関係ないと言えなくなってしまいす。


もし悪霊は「神に逆らう勢力」であれば、目に見えない一人ひとりの中で働いている力は 様々でしょう。わたしたちのそれぞれはその悪の働きを実感しているはずです。見事に回心 した使徒パウロであってもその内なる悪の力を痛感しながらその経験を分かち合ってくます 。「わたし(パウロ)は、自分のしていることが分かりません。自分が望むことは実行せず 、かえって憎んでいることをするからです。もし、望まないことを行っているとすれば、律 法を善いものとして認めているわけになります。そして、そういうことを行っているのは、 もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです。わたしは、自分の内には、つ まりわたしの肉には、善が住んでいないことを知っています。善をなそうという意志はあり ますが、それを実行できないからです」(ローマ7,16-18)。


では、その悪の力は具体的にいったい何かと。また使徒パウロによれば、それは、「姦淫 、わいせつ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、怒り、利己心、不和、仲間争い 、ねたみ、泥酔、酒宴、その他このたぐいのもの」です」(ガラテヤ5,19-21)。神に従お うとしているわたしたちは日々、それらの力と絶えず戦っているのではありませんか。しか も時には悪の働きがあまりにも強すぎて、抵抗することが出来なくなってしまいます。まさ にイエスの命令に対しても、悪霊が簡単に出て行ったのではなく、実際に「汚れた霊はその 人にけいれんを起こさせ、大声をあげて出て行った」とマルコがその悪霊の力強さを語って います。悪と戦う時にもキリスト者のわたしたちもその「けいれん」を経験しているでしょ う。

第一朗読の申命記でも神は預言者を立て、彼らをとおしてイスラエルを戒めました。しかし、長い砂漠の道のり、そしてカナンに定住した後にも神に逆らう現われは決して弱くはなかったです。選ばれた民の歴史こそが自分たちの内での悪のた働きの強さが明らかになっているものです。


悪霊の働きの顔を再確認したキリスト者のわたしたちはどうすべきでしょうか。また今日の福音書がそれをヒントしてくれます。悪の力は強くてもイエスの命令、つまり神のことばに抵抗することが出来ません。み言葉こそが悪と戦うわたしたちの力になりますように。アーメン。

Share

 
メッセージ - B年 年間

今日の3つの朗読の共通点は「神からの言葉を預かり、それを知らせる人物がいる」こと、また「何かが近づいて、何かが終わりを迎えようとしている」ことです。旧約聖書におけるキリストの先駆者かつ予型(トュポス)の一つとしてヨナという預言者があります。二人とも神から遣わされて、神の裁きを知らせ、人々に回心の機会を与えていました。しかし、二人の間にも若干の差があって、前者は神の正しい怒りと町の滅びを告げているのに対して、後者は時(カイロス)が満ちて、神の支配する国が実現され始めたということ強調します。そして、イエスはただその知らせの道具ではなく、その良き知らせ(エウァンゲリオン)を具現している人でした。イエスにおいてこそ神の国が近づいたのでした。この世の様々な事物はやがて変わったり、無くなったりするはずですが、訪れる神の国を迎え入れた人には、その代わりの国が既に今ここで——イエスご自身を中心としながら——用意されています。その事実を理解したならば、パウロが言っているような生き方が当然生まれてきます。すぐ何もかも諦めて世の終わりを待つため財産を捨てるのではなく、それをあたかも所有していないかのように持ちまた使用する、つまりそれに執着しないという生き方なのです。何も持たないより、適切なものだけを持ち、しかも正しく管理することの方がずっと難しいです・・・

Share

 
メッセージ - B年 年間

第一朗読:1サムエル3, 3-10.19

唯一の神がサムエルと話しかけていたように、神は私たち一人一人に話しかけています。神は、神によって創造されたすべてのものを通して話しますが、それと同時に人によって創造されたもの、すなわち人間関係、社会、宗教、政治的・経済的システム、文明、文化、言葉、思考なども使って話します。世界は神のささやきでいっぱいです。神は沈黙しているのではなく、聖書の話によって種まく人のように言葉を蒔いている。神の言葉はほんのわずかであっても私たちの心に触れ、私たちを神に身を捧げる者へと変えていきます。しかし、神自身が私たちに語っていることを認識することは時に困難なこともあります。私たちはしばしばサムエルと同じ状況に陥ります。つまり、声は聞こえますが、誰が話しているか認識できません。彼と同じように、我々にもヘリのような人が必要です。他人の助けを借りれば、神が私たちに話していることが理解できます。そして、私たちは私たちに呼びかけた声に従います。今度は私達が、他の人が話しかけられた声を認識できるように手助けする番だということを意識するべきです。


第二朗読:1コリント7, 13-15.17-20

唯一の神が私たちに語りかけていることを認識したならば、私たちは、パウロのコリント人への手紙の言葉を神の言葉として受け入れたことになります。それはただパウロの意見というだけではありません。神はパウロの手を使って、私たちの体が神からもたらされると書きました(神は創造主です)。私たちの身体は、私たち自身の意志に従って使用するものではなく、それは聖霊、つまり神の御霊が住むことができる場所になるために創造されました。うちなる聖霊のみで唯一の神を礼拝することができるからです。聖霊がなければ、私たちは自分の体の中で神を礼拝することはできません。私たちの体は創造主を礼拝するために創造されたのです(1コリ7,20)。


福音朗読:ヨハネ1, 35-42

時が来ると、神はイエスによって私たちに語りましたが(ヘブ1,1-3)、この神の言葉は すべての人には受け入れられませんでした。イエスを神の言葉として認識した者が、洗礼 者ヨハネでした。彼はヘリのように、自分の弟子たちに神の言葉を示しています。洗礼者 ヨハネの弟子たちは、主の指示に従い、その言葉とともにあり、その言葉を認識し、その 人に関する知らせを他の人に伝えました。他の人たちは彼らを信じ、その言葉の弟子とな りました。その中には、ペトロと呼ばれるシモンもいました。彼と彼のすべての後継者は 、神が常に私たちに語りかけていることを世界中に思い起こさせます。

Share

 
メッセージ - B年 祭祝日

一年の一番始めに読まれる第一朗読の民数記の箇所は、祝福の言葉です。この一年、私たちの上にも、イスラエルの人々へ語られた同じ神の恵みがありますように祈ります。

第二朗読と福音朗読は、イエスの出来事の始まり、その誕生について語られたものです。
ルカ福音書において、イエスの誕生の次第を羊飼いたちから聞いた者は皆「不思議に思った」とされていますが、それに対して「しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた」と言われています。このマリアの態度は、お告げの場面で天使ガブリエルの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ、というその時の態度にもつながるものです。神の働きに対して、「自分には関係ない」「どうでもいい」という無関心、でもなく、神の計画よりも自分の意思、個人的な望み、独善的な正しさを優先させるのではなく、不安や恐れや疑問があるとしても神の御旨を受け入れる態度です。しかも、羊飼いたちから話を聞いた人たちのようにただただ驚くだけでもなく、神の望まれることが何かを完全に理解していないとしても(そして事実できないけれども)、何が神の御旨なのかをいつも求め続ける、問い続ける、そういう信仰の生き方です。

毎年1月1日には神の母聖マリアの祭日が祝われますが、マリアが「神の母」と呼ばれるのは、第二朗読のガラテヤ書が語るとおり、彼女からお生まれになったイエスが神の子であり、人の意思ではなく神の力によってこの世界に誕生したからです。

神の母マリアに倣い、私たちもこの一年間をキリスト者として、神の子キリストを世に示して生きることができますように。

Share

 
メッセージ - B年 降誕節

第一朗読の創世記で、アブラハムは、自分自身も妻のサラも年老いていたため自分たちの子供は諦めていましたけれども、主の言葉に信頼したので、息子イサクが生まれ、星の数のような子孫につながる家族を得ました。

第二朗読のヘブライ人への手紙は、そのアブラハムの信仰について創世記22章の物語も加えて詳しく語っています。それによれば、やはりアブラハムが神の呼びかけに応えたからこそ、いろいろな困難があっても息子イサクをさずかり、神の約束通り家族を得たことが強調されています。

福音朗読は、ルカ福音書の中の、幼子イエスと両親がエルサレムへ上った時の話です。そこで出会ったシメオンは、イエスを抱いて救い主の訪れについて神を賛美しましたが、また同時に母マリアに向かって、この子が反対を受け、マリア自身も剣で心を刺し貫かれる、と語りました。「わたしの母、わたしの兄弟とは、神の言葉を聞いて行う人たちのことである」(ルカ8:21)の言葉の通り、マリアはイエスの十字架を共に担うことによって、イエスの真の母となりました。また、そもそもマリアは天使からのお告げを聞いて、最初は「どうして、そのようなことがありえましょうか」と反論しましたが、結局それを受け入れて、「わたしは主のはしためです。お言葉通り、この身になりますように」と神の御旨に従うことを選び、ヨセフと結婚し、イエスの母となりました。
マタイ福音書になりますが、ヨセフもマリアとひそかに別れようとした時、夢の中に現れた天使のお告げに従って妻として迎え入れ、生まれてくるイエスを自分の子供として育てることを選びました。

アブラハムもマリアも、そしてヨセフも、たまたま血がつながっていたからというわけではなく、あるいはただお互い好きだからというわけでもなく、神の御旨を受け入れ、神に従うことによって家族を得ました。確かに、私たちは何もしなくても血さえつながっていれば、あるいは戸籍上つながっていれば、夫婦であったり、家族であったりします。けれども本当の意味での「家族である」ことを望むなら、聖家族のように、神の御旨に従って、神の愛の内に「家族となる」よう努力しなければなりません。
私たちのそれぞれの家庭が、そして教会共同体が、世界全体が、愛の内に一つの家族となることができますように。

Share