メッセージ - C年 四旬節

今日からは、聖週間が始まります。この第6主日は受難の主日か、もしくは枝の主日とも呼ばれます。この日、つまり主イエス・キリストが、過越の神秘を完成するために、エルサレムにお入りになったという出来事を思い起こします。そのため、主なミサの開祭の部分では主のエルサレムの入城が記念されます。この儀式で枝の祝福以外に入城の福音も朗読されます。今年はC年ということで、(ルカ19,28 40)が選ばれます。

この儀式をもってわたしたちはかつてエルサレムにいた群衆にならって歓呼のうちに枝を手にして主イエスをエルサレムに迎えるよう招かれています。と同時に、今日では、キリスト者のわたしたちがこの枝の行列をもって喜びのうちに主の跡に従ってかつてのエルサレムではなく、主と共にご受難の道を辿り、また主と共に天上のエルサレムに、つまり、永遠に神の支配する天国にも入ろうするのです。枝を祝福の祈願文はそのヒントをくれます。祈願文には「全能永遠の神、この枝を祝福してください。主・キリストに喜び従うわたしたちが、ともに永遠の都エルサレムに入ることが出来ますように」とあります。

聖書の中で、エルサレムという言葉にはいくつかの意味があります。大きく別けてみれば、少なくても三つの意味あります。

先ず、一つ目の意味は場所的なもので、かつてのイスラエルの都です。イスラエル人にとってエルサレムは政治と宗教の集中的な都市でした。このエルサレムに2回ほど神殿が建設されました。このエルサレム神殿で契約の箱が安置され、神のためのいけにえが絶えず捧げられ、神ご自身がそこにおられる聖なる都ともされました。

次に、二つ目の意味は人格化的もので、つまり、信じる民をさす言葉です。そのため、民に対して呼びかけるときに、「エルサレムよ」という表現がよく使われています(詩147,12;マタ23,37 39;ルカ13,34 35;など)。

最後に、三つ目の意味は天上的なものをさします。この意味で、エゼキエルや黙示録、パウロ書簡などにはよく出てきます(エゼ48,30 35;イザ24,23;ガラ4,25 26;ヘブ 12,18 24;黙3,11 13 21, 1 5 9 27;など)。

以上の意味で、これから始まる聖週間の典礼をとおして、ただかつての出来事を記念するだけではなく、キリスト者のわたしたちが主の跡に従って十字架の道を共にし、復活される主イエスに永遠の都に至ることが出来る恵みを願い求めましょう。

Share

 
メッセージ - C年 四旬節

「わたしの主キリスト・イエスを知ることのあまりの素晴らしさに、今では他の一切を損失とみています。キリストのゆえに、わたしはすべてを失いましたが、それらを塵あくたと見なしています。キリストを得、キリストの内にいる者と認められるためです。」フィリ3,8-9

イエスと出会う前にパウロは、律法に逆らって罪を犯す人が必ず罰せられると考えていました。そして、この罰を恐れて、律法を守るように一生懸命に努力していたわけです。けれども、そのような動機は十分ではありませんでした。時に、律法に逆らう欲望の方が、罰に対する恐れよりも強かったので、この欲望に強いられて、自分の意志に逆らって、罪を犯すことがあったようです。律法は、パウロの罪を現わすことができても、彼をこの罪から守ることができなかったのです。

イエス・キリストと出会うことによって、パウロはまず次のことを知りました。すなわち、神は、その部下に対して横暴を極めている法律制定者のように、人間の現状を考えずにいろいろな掟を押しつけて、それに従わない人を罰するような方ではなく、その子どもを愛している父であり、いろいろな掟によって、幸せと豊かな命に導く善が何であるか、また、不幸と滅びに導く悪が何であるかを教え、私たちを正しい道、つまり幸せと豊かな命に辿り着ける道に導いてくださる方であり、この道からそれる人を罰することによってこの人の苦しみを増すのではなく、正しい道に戻るように励まし、力付ける方であるということです。この事実を知ったパウロは、罰に対する恐れから解放されましたが、パウロを罪の支配から解放したのは、イエスに対する彼の愛なのです。

パウロは、イエスの素晴らしさとイエスの愛の偉大さを知ってから、自らイエスを愛するようになりました。そしてその愛のゆえに、彼は何よりもイエスと共に、イエスの愛に忠実に生きることを求めるようになりました。この望みは、今まで得たものを保ちたいとか、苦しみを避けたいとか、自分の命を守りたいというような望み、つまり多くの場合に罪の原因となっていた望みよりも強いものでしたので、パウロはどんな状況においてもイエスと共に生き、イエスに従うことができました。イエスご自身が、父である神が示してくださった道だけを歩む方ですので、イエスに従うことによってパウロは、永遠の命と最高の幸福に導く道を歩むことができたわけです。


Share

 
メッセージ - C年 四旬節

この日曜日は、四旬節という慎ましい季節の最中でありながらも、節制や回心だけではなくその喜びと希望を思い出させてくれる日です。質素であることと喜ぶことと相反していないのです。何かに向かって準備していくということは、確かに負担や苦労にも伴われ、難しいこともいっぱい我慢しなければなりません。しかし、第1朗読のイスラエル人と同じように「約束された地」を常に念頭に置きながら、今先取りしている喜びをいつか完全に味わうことになるという慰めに支えられています。

聖アウグスティヌスなどが言っていたように、悲しみの原因が自分の過ちと堕落であるとすれば、真の喜びをもたらすのは、罪から立ち上がり、悔い改めることです。第2朗読が4回も繰り返している言葉で言うならば、「和解する」ことがそれなのです。赦していただく必要があることを認めるのに素直さと勇気がなければなりませんが、実は神と和解することはそれほど難しくありません。なぜなら、実は、私たちが先導することではなく、神ご自身が第一歩を踏み出してくださっているからです。

それらのことをよく描いているのは今日の福音朗読です。有名な放蕩息子の物語(譬え話)の1番のポイントは、父親がこの駄目な息子を苦しいほどに待ち続けていた、彼が父の元に立ち戻ろうとするやいなや、準備していた謝りのセリフを唱えさせてもらえる間も無く、まず父ご自身が先に彼の方へ走り寄って、大事な大事な息子を迎え入れる、ということなのではないでしょうか。そこには「権利」や「利益」の論理のために場所がなく、ただただ純粋な恵みが溢れています。つまり、神の恵みをどのようにすれば得られるのかではなく、無償にいただいている祝福をいかにして無駄にしないかが私たちの課題なのです。


Share

 
メッセージ - C年 四旬節

ラテン語ではNomen Est Omen という言い回しがあります。「名前はサイン、兆し」。名前は、その持ち主(その人)のアイデンティティを表わします。

古代オリエント社会の神々は多くの名前を持っています。多くの別名を持つことはその神の権力、パーワーを表わしています。名前が多ければ多いほど権力を持っているということです。たとえば、バビロンの神マルデゥックは50の名前を持っています。イスラム教の中でも、神(Allah)は100の名前を持っています。

神がモーセに現れる時に、モーセが神の名を尋ねるのは、このような背景と関係しています。イスラエルの民を説得するために、神は自分の権威・権力を示す名を表わす必要があります。「あなたの名は何か」というモーセの質問に対して神は「私はある」というたた一つだけご自身の名前、ご自身のアイデンティティを表わしています。神は存在そのもの、存在するすべてのものの根源だということです。その神は雲の上から語る神ではなく、モーセが羊の群れを飼っているときに出会う神;イスラエルの先祖アブラハム、イサク、ヤコブの神;歴史の中で、日々の生活のかなで、つらい時も、苦しいときも、いつもそばにいてくださる神です。

神が「私はある」というご自分の名をモーセに現すのは、自分の権力を見せびらかすためではありません。神がモーセに現れたのは、モーセに重大な使命を与えるためです。イスラエルの民を奴隷の束縛から解放するためです;約束の地に導いていくためです。モーセが神と出会うのは、自分の使命を受けるためです。その時に神が「私はある」という名をモーセに現すのはモーセを力付けるためです。民からの反発に直面する時、一人心細い時に、自分は一人ではなく神はいつもともにいてくださることを思い出すようにするためです。

モーセが神の名を訪ねる前に神はモーセを名前で呼びました。「モーセ、モーセ」。モーセという名前は「引き上げられたもの、救い出されたもの」という意味です。モーセ自身は水の中から引き上げられたものだからです。しかし、同時に、その名前は彼の使命を暗示しています。水の中から救われたモーセは水(紅海)を通ってイスラエルを奴隷の地から救う使命が与えられています。

四旬節の祈り、黙想、節制は私たちが神と出会うための手段です。祈りの中で神と出会います。自分の歩んできた道を振り返って黙想する中で神と出会います。節制を通して神と出会います。そして、その時に必ず見えてくるのは、どんな時でも、どんな不幸があっても神はいつも共にいてくださる神;神は苦しむ人を救ってくださる神だということです。

福音朗読のイエスの喩えの中で神様がどのような存在なのかを示しています。罪に罰を与える神でありながら、悔い改める時間を与えてくれる慈しみ深い神です。神は実を結ぶことを求める農園の主人でありながら、「来年まで実を結んでくれることを期待する」優しい主人でもあります。そして、喩えの中で農園の主人にお願いをした園庭は他でもなく神の御一人子イエスご自身です。「今年もこのままにしておいてください。木の周りを掘って、肥やしをやってみます」。イエスはやがて十字架の上でご自分が流した血を肥やしとして与えてくださいます。私たちが実を結ぶために。これがイエスに与えられた使命です。

モーセは神との出会いを通して自分の使命を受けました。私たちも熱心な祈りと節制と良い業を通して必ず神と出会うことができます。今置かれている状況の中で神様が私に与えてくださる使命は何でしょうか。それぞれに与えられた使命は違うかもしれません。確かなのは、存在するものの根源である神は、どんなことがあっても、いつも共にいて下さる神です。そして、「今」ではなくても「来年」実を結ぶこと待って下さるいつくしみ深い神です。

Share

 
メッセージ - C年 四旬節

第一朗読:創世記15,5-12.17-18
第一朗読の言葉はヤハゥエスト(J資料)の伝承を伝えている(創15,1-21)。年を取ったアブラムが神の約束通りのことが起こらない(創15,1)という不安を感じている時に、神は彼に再び約束するだけではなく、彼と契約をする(創15,18)。この契約によって神はアブラムに約束の地と子孫を与える(創15,4-6)。変わりに、神はアブラムから何も望んでいない。この種の契約は父と息子のような種類のものである。

第二朗読:フィリピ3,17-4,1
フィリピのキリスト者が信仰を守ることを精一杯続けるようにパウロはこの手紙を書いた(1,27)。フィリピのキリスト教信者にはさまざまな問題があった、そのうち最も危ないものは、あるキリスト者のやり方であった(3,17-19)。というのは、洗礼を授けられた人たちだけれどもキリスト者らしい生活をしていないのである。彼らは宗教的なことよりもこの世の考え方や振る舞いに関心を寄せた。それは危ないことであった。キリスト者の義務は自分の信仰を簡単な生活で証することである。

福音朗読:ルカ9,28b-36
すべての共観福音書には「主の変容」という物語があるが、それぞれ異なる部分がある。マタイによる、「主の変容」の目的はイエスがメシアであるということを表すことである。マルコによる、「主の変容」の目的はメシアの秘密を表すことである。ルカによる、「主の変容」の目的は、イエスが祈りの内に自分の受難について啓示することである。しかし、すべての共観福音書において、最も大切な教えは同じである。それは、「これは、わたしの愛する子、わたしの選んだ者である。彼の言うことを聞きなさい。」ということである。イエス自身を証するのは、イエスではなく神ただ一人である。

Share