メッセージ - B年 復活節

復活節の第3主日の朗読の共通のテーマや点はいくつかあります。

まず、第一朗読においても第二朗読においてもイエス・キリストは「義人」「正しい方」と呼ばれています。また、「命への導き手」とか「弁護者」としての名称も出てきます。普通の凡人の理解と違って、イエスが正しい方であるのは、何か高い道徳的な基準を満たしたとか、非の打ち所なしに規則をことごとく遵守したからではなく、父のみ旨を果たしたから、また人々への(極みまでの)愛によって律法を実現したからなのです。考えてみれば、ユダヤ人によって受け入れられなかったばかりか、彼より強盗の方が優先されたという非常にドラマチックな描写まで為されています。それも人間としての特徴をよく表しているかもしれません、すなわち正しい人は多くの場合、同胞から除け者にされ、恨まれ、排除されがちだということです(ロマ5:7を参照)。

それから、第一朗読と福音朗読では、復活信仰の宣教という文脈の中で、悔い改めと回心への呼びかけが為なされていたということが述べられています。復活で古い世界が終わり、今から楽しい救いの時代が訪れたというイメージとは大違いです。神のみ前で弁護者がいて人間の罪を清めてくださるからと言って、存分に罪を犯すことができると思うのは誤解です。罪・悪・死の力が終止符ではなく、イエスの復活に現れる神の凱旋が最終的な答えだからこそ、人間はもはや罪に支配されないように生きるべき、あるいは、少なくても生きるように努力すべきなのです。イエスの救済の業は参考までのオススメではなく、ある種の規範を潜めています。

最後に、もう一つ大事なのは、神の僕イエスが苦しみを受けることは神の失敗として突然発生したのではなく、実は前から預言者などによって告げられていた、ということです。しかも、福音書の終わりの方で(旧約)聖書の構造まではっきりと書いてあります——律法・預言者の書・詩編——。その聖書全体がメシアの到来やその運命について述べているのだ、神が昔から救いを準備していたのだ、などということが分かります。この聖書を読んで理解するためには、人間の知恵よりも神の霊が私たちの心の目を開かせてくださるということの方がより必要です。

キリスト教信仰はイエスが人に拒まれたにもかかわらず、神によって高められた後、その勝利に誰でも与ることができるということを証言することに尽きます。

Share

この表現は、先に命へと入られた方を指したり、また、究極の意味では命そのものの創始者であることを暗示しています。

 
メッセージ - B年 復活節

第一朗読 使4、32ー35
第一朗読の言葉はキリスト者の生活に関するものである。この言葉によってイエスを信じている人々は共同体的な生活をした。共同体的な生活というのは、お金持ちの信者が持ち物を売って貧しい信者のために使うということであった。このやり方は終末的な考え方と強い関係があるということを専門家たちは考えている。この世界がすぐに終わる、つまり「イエスがすぐに再び来られるという意味である」と思っている信者たちは救いのために自分の財産を貧しい人々に与えた。しかし、使徒言行録5、1ー11 によれば使徒4、32ー35の言葉には観念論的な意味があるということが簡単にわかる。

第二朗読 一ヨハネ5、1ー6 
第二朗読の言葉はキリスト論的な意味がある。第一の教えはイエスがメシヤ(キリスト)であるということである(行1)。このことを信じている人々は確かに神を信じている。第二の教えはイエスが神の子であるということである(行5)。また、神はイエスの洗礼の時とイエスの受難の時に自分で証しした(行6)。この二つのことを信じている人々は自分の信仰によって世界(福音者ヨハネにとって世界ということばは良くない意味がある)に打ち勝った。

福音朗読 ヨハ20、19ー31 
イエスは神である、復活された神の子であるということは信じにくいかもしれない。現代の人々にだけではなくイエスの弟子にも信じにくいことだった(行24ー29)。しかし、それはキリスト教の信仰の源である。

Share

 
メッセージ - B年 復活節

一年の典礼暦の頂点である主の過越の三日間には、 主イエス・キリストの死と復活を記念します。死だけではなく、復活だけでもない、その両方が重要だということは、使徒パウロのローマの教会への手紙6章でも言われていることです。私たちはキリストの死に与って罪に死に、キリストの復活に与って新しい命を生きる、とパウロは言います。四旬節・復活節は、キリストと私たちとの結びつきのあり方を振り返る時でもあります。

聖書には、イエスの復活の瞬間が描かれた場面はありません。マルコ福音書では、更に復活のイエスと出会う場面すらありません。(16:9以降は、後代の付加と言われています。)福音書の興味は「どのように」復活が起こったか、という点にはありません。その代わり、三人の女性たちが墓で出会った白い衣の若者が「あの方は復活なさってここにはおられない」「あの方はガリラヤに行かれる。かねて言われたとおり、そこでお目にかかれる」と語ります。ガリラヤは、イエスがその活動を始められた場所・宣教のほとんどをされた場所であり、多くの弟子たちの故郷でもあります。ですから「そのガリラヤでイエスにお目にかかれる」とは、イエスに従って歩むとき、イエスと同じように神の国のために働くとき、どこか特別な遠いところではなく自分の場所でそうするとき、復活の主に出会うことができる、というメッセージかもしれません。パウロの手紙もそうですが、復活におけるキリストとの関わりが問われています。

Share

 

 

J.S.バッハ :『ヨハネ受難曲』より

 
メッセージ - B年 四旬節

今日の受難朗読で一番興味深い言葉は、やはり、福音記者がわざわざアラマイ語で記した「我が神、我が神、どうして私を見捨てられたのか」というイエスの叫びです。実は、詩編の引用であり、他にも詩編にメシアの自覚を持っていたイエスに当てはまる箇所がいくつかあります。それを合わせて吟味する価値があるのではないでしょうか。


詩編22編2節
わたしの神よ、わたしの神よ/なぜわたしをお見捨てになるのか。なぜわたしを遠く離れ、
救おうとせず/呻きも言葉も聞いてくださらないのか。


詩編31編6節
まことの神、主よ、御手にわたしの霊をゆだねます。わたしを贖ってください。


詩編40編7節
あなたはいけにえも、穀物の供え物も望まず/焼き尽くす供え物も/罪の代償の供え物も求めず/
ただ、わたしの耳を開いてくださいました。そこでわたしは申します。
御覧ください、わたしは来ております。わたしのことは/巻物に記されております。
わたしの神よ、御旨を行うことをわたしは望み/あなたの教えを胸に刻[む]


詩編69編22節
人はわたしに苦いものを食べさせようとし/渇くわたしに酢を飲ませようとします。


詩編116編10節
わたしは信じる/「激しい苦しみに襲われている」と言うときも…

 

(全ての引用は新共同訳聖書による)

 

そこで、普通のユダヤ人が一生に渡って何回ともなく唱えた詩編なので、きっと暗記していたとも思われます。なので、イエスは確かに人類と同一化するために、一見すれば神に拒まれた身分の者になってくださったのですし、そこで初めて人間らしい、いや、人間よりも人間的な気持ちを味わいました。そうでなければ、すべての人間を救うことができなかったからです。しかし、心を打たれるのは、そういう絶望に極みにあっても、神の名を呼んでいること、信頼を込めて神に祈っていることなのです。実は、その叫び声を聞いていた周りのユダヤ人誰もがその詩編の続きを思い起こすことができたはずです。そこは失望の気持ちで終わるのではなく、遠くはるかに神の業、その栄光と勝利が垣間見られます。

「命に溢れてこの地に住む者はことごとく/主にひれ伏し/塵に下った者もすべて御前に身を屈めます。わたしの魂は必ず命を得/子孫は神に仕え/主のことを来るべき代に語り伝え/成し遂げてくださった恵みの御業を/民の末に告げ知らせるでしょう。」(30−32節)

そして、もっと不思議なのは、ヘブライ人の手紙によれば、苦難のしもべであるイエスのこの叫びはなんと聞き入れられたと書いてあります。ただ、すぐにでも、人間の想像している仕方ででもなく、神の知恵による形で聞き入れられました。

Share