メッセージ - A年 待降節

「彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈物として献げた。 (マタ2,11)

占星術の学者と言われている東方の博士が三人、偉大な王がお生まれになったことを示す星を見て、その導きに従ってベツレヘムで御降誕なさった幼子イエスを見つけて拝み、黄金、乳香、没薬を贈物として献げたと、私達はマタイによる福音から知ることができます。

贈物を贈呈するに当たり、誰でもそれを頂く人の特質を考えて自分にできるプレゼントを準備します。博士達も彼らに啓示されたことを心に留め、幼子イエスにそれぞれ違う贈物を献げました。黄金を献げた博士は、幼子イエスの内に王としての神の威厳が備わっていることを認めていました。次の博士は、乳香を献げて幼子が人を神と仲介する祭司であることを信じ、三番目の博士は、幼子には癒しと復活の力があると信じて没薬を捧げ物としました。各博士は、キリストの内に違う側面を見出したが、全部を合わせると私達には、キリストのアイデンティティと使命が公現されることになりました。

博士達の贈物は象徴として次のような意味があります。

黄金:王位、神性、栄光、豊かさ、気品、輝き(精錬)、権威。

乳香:祭司、神の仲介、祈り(神との交わり)、神の現存、聖性。

没薬:人間性、苦しみと死、癒し、永遠の命(mirra: 傷を癒し、また腐敗

を遠ざかるために埋葬に用いる高価な薬草。)

この博士達の贈り物は私達にキリストを啓示します。キリストは、宇宙万物の王である神で、私達を神との交わりに加えて聖別する祭司であり、御自分の受難と復活によって私達の心と体を癒し、永遠の命を与える救い主であります。

今日は、三人の博士達が2千年前に贈物を持って幼子イエスを拝んだことを思い起こし、典礼的に「主の公現」の祭日を祝います。ところで、日々の生活の中で私達一人ひとりは、自分にできる捧げ物を準備してイエス・キリストを主と拝み、主を公現する責任があります。キリストに相応しい贈物とは、神から頂いたあなたの一番尊い部分であることでしょう。

 
釈義 - B年 降誕節

テーマ: イエスは神の愛である

第一朗読:           イザヤ60,1-6

バビロニア移住後、ユダに戻ったユダヤ人たちはエルサレムの栄光が再び現れるという希望と信仰を失っていたため、都を建て直ための熱意と意志がな かった。イザヤはそのような考え方を変えるためにエルサレムの将来の栄光について預言します。預言者の言葉によれば神の栄光はこの町に必ず留るからエルザ レムが全世界の中心になる。それはメシア時代に完全になる預言である。

第二朗読:           エフ3,2.3b.5-6

一般的にいえばユダヤ教の教えによって異邦人が救われる可能性はなかった。ユダヤ人ではない人々は救われるためにユダヤ教に回心しなければならな い。だから、エフェソの使徒への手紙の著者によって異邦人がイエスのおかげで救われた方々になったことは「秘められた計画」である。

福音朗読:           マタ2,1-12

ヘロデ大王はユダヤ人ではなく、イドマヤ人だった。ユダヤ地区の王になることはユダヤ人の選択ではなく、ローマ帝国の意志だった(紀元前40‐4 年)。ユダヤ国民から強く反対されたヘロデはユダヤ人を迫害した。ベツレヘムにユダヤ人の王が生まれたという情報はヘロデにとって危ないニュースであった ので、自分の王朝を守るためにダビデの町に入るすべての2歳までの子供を殺すという命令をした。

 
主日の朗読聖書 - B年 降誕節

テーマ: イエスは神の愛である

第一朗読:     イザヤ60,1-6

起きよ。 光を放て。 (Isa 60:1 JAS)

第二朗読:     エフ3,2.3b.5-6

その奥義とは、 福音により、 キリスト・ イエスにあって、 異邦人もまた共同の相続者となり、 ともに一つのからだに連なり、 ともに約束にあずかる者となるということです。 (Eph 3:6 JAS)

福音朗読:     マタ2,1-12

そしてその家に入って、 母マリヤとともにおられる幼子を見、 ひれ伏して拝んだ。  (Mat 2:11 JAS)

 
主日の朗読聖書 - B年 降誕節


〔そのとき、羊飼いたちは〕急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。その光景を見て、〔彼らは、〕この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。
八日たって割礼の日を迎えたとき、幼子はイエスと名付けられた。これは、胎内に宿る前に天使から示された名である

 
釈義 - B年 祭祝日

第一朗読(民数記6・22-27)では、主がモーセを通して、祭司たち(アロンと    その子ら)に対して、イスラエルの人々を祝福するように仰せになられる。この祝福は当然のことながら、主とイスラエルの民との間の契約に基付く「祝福と呪い」の祝福であろうが、その主は仲介者モーセに御自分の名を『あってあるもの』と啓示された。この祝福はイスラエルの民だけではなくすべての民へと及ぶ普遍性を排除しないゆえんである。そのことをパウロは、第二朗読(ガラテヤ4・4-7)で次のように述べている。時が満ちると、神は律法の支配下にある者を贖い出して、神の子とするために、御子を女から生まれたものとして遣わされた。わたしたちは、奴隷ではなく、「アッバ、父よ」と叫ぶ御子の霊を受けた相続人でもあるのだと。もちろん、イスラエルの人々だけではなく、すべての人である。福音書(ルカ2・16-21)では、天使たちの不思議な話を羊飼いから聞いたマリアが、すべてを心に納めて、思い巡らしていた。羊飼いたちは神をあがめ、賛美しながら帰って行き、幼子は八日たって割礼の日を迎えたときイエスと名付けられたと述べられている。神の救いの意思を成就する「イエス」・「神のみことば」を聴き、受け入れ、育むマリアの姿と生き様は、「ゆるし」と[和解」と通してのみ実現する世界の平和への道標となっている。