メッセージ - B年 復活節

「わたしは善い羊飼いである。善い羊飼いは羊のために命を捨てる。」(ヨハネ10:11)

遊牧人であったイスラエル人は、羊を自分の生活のために飼っていました。羊のミルクは渇きを癒す飲み物となり、ミルクを材料にしてバターとチーズを作り、羊の肉も栄養ある食べ物となります。羊の毛を使って着物を編み、寒さをしのぐために毛皮で上着を作り、羊の皮を組み合わせて幕屋と言われる「住まい」を作りました。草しか生えない荒れ野で、羊はイスラエル人の生活を総ての次元で支えていたということです。

悪い羊飼いは、羊の命を心に留めず、自分の収入だけを考え、羊によってどれぐらい設けがあるかを数えて、自分の利益、富とぜいたく、社会的な地位をばかり求めています。善い羊飼いは、自分の利益ではなく、羊達を共存するものであると考え、安全に生き、成長して大きな群れとなることを喜びとします。このような羊飼いは、自分の羊を知り、名を付けて、命がけで守り、牧場に導き出して養います。羊達を自分の人生の仲間として見なすのです。

キリストは、善い羊飼いであり、私達は神の民、その「牧場の羊」として例えられます。キリストの者になった私達は、霊名を頂き、善い羊飼いであるキリストは、私達を知り、その名で呼ばれます。神の子は人となって、教えを持って神に向かって導き、命がけで悪から守ります。イエスは、十字架上で私達の罪ために身代わりになって、いけにえの小羊のように命を献げ、その体を私達に永遠の命の糧として与えて養ってくださいます。

その無償の愛に答えて、イエス様の羊の群である私達は、どのような心を持って生きるべきかを考えさせられます。私達はイエス様の愛の心に憧れて自分の内にイエスの御心が生きるように望むべきだと思います。

 
主日の朗読聖書 - B年 復活節

ルカ24・35-48
35〔そのとき、エルサレムに戻った二人の弟子は、〕 道で起こったことや、パンを裂いてくださったときにイエスだと分かった次第を話した。
36こういうことを話していると、イエス御自身が彼らの真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。37彼らは恐れおののき、亡霊を見 ているのだと思った。38そこで、イエスは言われた。「なぜ、うろたえているのか。どうして心に疑いを起こすのか。39わたしの手や足を見なさい。まさし くわたしだ。触ってよく見なさい。亡霊には肉も骨もないが、あなたがたに見えるとおり、わたしにはそれがある。」40こう言って、イエスは手と足をお見せ になった。41彼らが喜びのあまりまだ信じられず、不思議がっているので、イエスは、「ここに何か食べ物があるか」と言われた。42そこで、焼いた魚を一 切れ差し出すと、43イエスはそれを取って、彼らの前で食べられた。
44イエスは言われた。「わたしについてモーセの律法と預言者の書と詩編に書いてある事柄は、必ずすべて実現する。これこそ、まだあなたがたと一緒にい たころ、言っておいたことである。」45そしてイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いて、46言われた。「次のように書いてある。『メシアは 苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。47また、罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる』と。エルサレ ムから始めて、48あなたがたはこれらのことの証人となる。

 
主日の朗読聖書 - B年 復活節

第一朗読:     使徒3,13-15.17-19

そういうわけですから、 あなたがたの罪をぬぐい去っていただくために、 悔い改めて、 神に立ち返りなさい。 (使徒 3:19)

第二朗読:     一ヨハネ2,1-5a

私の子どもたち。 私がこれらのことを書き送るのは、 あなたがたが罪を犯さないようになるためです。  (一ヨハ 2:1)

福音朗読:     ルカ24,35-48

こう言われた。 「 次のように書いてあります。 キリストは苦しみを受け、 三日目に死人の中からよみがえり、その名によって、 罪の赦しを得させる悔い改めが、 エルサレムから始まってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる。 (ルカ 24:46-47)

 

 
釈義 - B年 復活節

第一朗読(使徒言行録3・13-15,17-19)でペトロは、イスラエルの先祖たちの神がその僕イエスに栄光をお与えになった方を人々は殺してしまったが、そのことはあらかじめ、神がすべての預言者の口を通して予告しておられたメシア・イエスの苦しみであり、それが実現したのであるから、悔い改めて主なる神に立ち帰るようにと力強く説いている。第二朗読(1ヨハネ2・1-5a)では、神の赦しと救いの意志が、イエス・キリストのうちに成就され、彼は全世界の罪を償ういけにえとなったと述べられている。「神を知っている」と言いながら、神の掟(赦しと和解にもと付く隣人への愛)を守らない者は、偽り者でその人の内に真理はない、がしかし、それを守るならば、その人の内に神の愛が実現していると、わたしたち皆に啓き示されています。福音書(ルカ24・35-48)においては、復活したイエスが不安の中に恐れおののいている弟子たちの真ん中に現れ、本当に復活した証しとして、弟子たちの前で焼いた魚を食べ、そのイエス自身の口から、モーセの律法と預言者の書と詩編に書いてあることが実現したのだと説明される。弟子たちはこれらのことの証人として、エルサレムから始め全世界へ主の復活の福音宣教をするよう召命が与えられる。

 
メッセージ - B年 復活節

「次のように書いてある。『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。また、罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる』と。」ルカ 24:46-47

私たちが抱いている恐れや怒り、または妬み、絶望、不正感や無力感などのような感情は、 殆どの場合、過去に受けた傷がもたらすものなのです。このような感情によって、古い傷が私たちを支配しています。そのために、正しいと思うことができないし、逆に正しくないと思うことをやってしまうことがあるのです。多くの人が過去の苦しい体験を忘れようとしていますが、この体験を忘れることができても、それによって負わされた傷が癒されない限り、私たちは自由に、喜びと平和の内に生きることができません。

復活されたイエスは、私たちにご自分の平和を与えながら、この平和を受け入れる方法を教えています。イエスが自分の傷を弟子たちに見せることによって、私たちも自分自身の傷をイエスに見せるように呼びかけています。私たちは、自分の傷を隠すことによってではなく、それを癒すことのできる方に見せることによって、本当の癒しの過程が始まるのです。

神はイエスご自身の苦しみと傷を全ての人の救いに変えてくださったように、私たちの苦しみから善を引き出すことができます。私たちの苦しい体験から悪だけではなく、善も生じていることに気が付くことによって、神の働きを確認することができます。この体験によってイエスに対する信頼が深まるし、私たちの癒しが進みます。傷が癒されれば癒されるほど、加害者をゆるすことが当然のことになります。イエスがご自分を十字架に付けた人々をゆるしたように、私たちも心から自分の加害者をゆるすならば、イエスが与えてくださる平和を受け入れることができるのです。