釈義 - B年 年間

第一朗読(申命記18・15-20)では、モーセがイスラエルの民へ、主なる神からのことばを伝える。「わたしは彼らのために、同胞の中からあなたのような預言者を立ててその口にわたしの言葉を授ける。」その預言者は主なる神の命じることのみを語らねばならない。また、それに対して聞き従わない者にたいしては、その責任を追及すると。そのことと直接関連するわけではないが、パウロは第二朗読(1コリント7・32-35)で、差し迫った世の終わり(終末と主の再臨がすぐ来ると固く信じている)に対応するという意味で、次のように述べている。主のことと世のことに心を遣うならば、心が二つに分かれてしまうと。しかし、これはすべてのことよりも、あるいは、すべてのことを通して、わたし達がひたすら主に仕えるようになるためのパウロの配慮である。福音書(マルコ1・21-28)においては、モーセのような預言者の一人とも見なされたイエスの権威はモーセのそれをはるかに超えるものであることが描かれ、証しされている。会堂に入って教えられ始めたイエスのその教えに人々は非常に驚いた。なぜならば、他の律法学者のように仲介者モーセを通して与えられた律法の権威に依って教えられるのではなく、あたかも父なる神から直接与えられたかのような権威をもって教えられたからである。実際、そのことばは、命じた通リに実現する神のことばであった。

 
主日の朗読聖書 - B年 年間

テーマ:主に奉仕する

第一朗読:     申命18,15-20

わたしは彼らの同胞のうちから、 彼らのためにあなたのようなひとりの預言者を起こそう。 わたしは彼の口にわたしのことばを授けよう。 彼は、 わたしが命じることをみな、 彼らに告げる。 (Deu 18:18 JAS)

第二朗読:     1コリ7,32-35

ですが、 私がこう言っているのは、 あなたがた自身の益のためであって、 あなたがたを束縛しようとしているのではありません。 むしろあなたがたが秩序ある生活を送って、 ひたすら主に奉仕できるためなのです。 (1Co 7:35 JAS)

福音朗読:     マルコ1,21-28

人々は、 その教えに驚いた。 それはイエスが、 律法学者たちのようにではなく、 権威ある者のように教えられたからである。 (Mar 1:22 JAS)

 
主日の朗読聖書 - B年 年間

マルコ1・14-20
14ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、15「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。
16イエスは、ガリラヤ湖のほとりを歩いておられたとき、シモンとシモンの兄弟アンデレが湖で網を打っているのを御覧になった。彼らは漁師だった。17 イエスは、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」と言われた。18二人はすぐに網を捨てて従った。19また、少し進んで、ゼベダイの子ヤコ ブとその兄弟ヨハネが、舟の中で網の手入れをしているのを御覧になると、20すぐに彼らをお呼びになった。この二人も父ゼベダイを雇い人たちと一緒に舟に 残して、イエスの後について行った。

 
メッセージ - B年 年間

テーマ:「満ちる時」

「時が満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」(マルコ1,14)

旧約時代に「満ちる時」とは、元々、預言者達の預言が実現して、神様からの救い主、メシアが来られる時を指しています。すなわち、神の子の受肉の神秘が現される時です。その時に天と地が一つとなり、神様御自身がそれらを支配します。このために、キリストの先駆者である洗礼者ヨハネが来て、「時が満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と宣べ伝えて、間もなく来られる救い主を迎えるように準備していました。キリストが神の国の実現であるにもかかわらず、不思議なことに、今日の福音の中でイエス様ご自身は、洗礼者ヨハネの同じ言葉を繰り返して、神の国が近づいたから悔い改めるように呼びかけています。それは、キリストが共にいても、時が満ちていない現実もあることを示しています。

私たち一人ひとりが自分の信仰生活を振り返り、どんな現実にいるかを確認して、キリストは私達の時を満たしているかどうかを判断すべきだと思います。

神の子は、間違いなくこの世に来られ、御自分の死をもって私達の罪を滅ぼし、御復活を通して悪魔と死に対する勝利を治めました。預言も神様の救いの業も完成し、時が満ちてキリストは天地万物を支配する王となられたのです。但し、神様は一方的に私達に御自分の支配を押し付けることはありません。神の国の完成に与るために、私達の一人ひとりの自由意志による回心が必要で、そして愛と永遠の命の恵みを豊かに頂く必要があります。

この地上に私達の一人ひとりに時が与えられています。祈り、典礼歴、秘跡、奉仕などによって、私達は地上で、働く時も休む時もキリストの恵み、神の愛と命で満たすように呼ばれています。無償に頂くのですから、私達の一人ひとりの心も、自分のすべての時も、神様で満たしましょう。

 
釈義 - B年 年間

 

第一朗読:           ヨナ3,1-5.10

二ネベはイスラエル王国とユダ王国の敵アシリア帝国の都であった。そのような町で神の言葉を述べ伝えることはユダヤ人ヨナにとって考えられないこと だったので、神の御旨を行わなかった(ヨナ1,1-2,11)。苦しい経験の後、ヨナはニネベで活動をしてアシリア人に悔い改めさせた。ヨナ書の目的は神 の御旨によりすべての人々を救うことである。神の言葉を信じている人は誰でも救われることが出来る。

第二朗読:           1コリ7,20-31

パウロによればキリストの再び来られる日が近いのでこの世界の生活よりも神の国のことに集中しなければならないという。(兄弟たちよ。 私は次のことを言いたいのです。 時は縮まっています。 1コリ7, 29 )。奴隷と未婚の人とやもめに対してパウロの教えはこの文脈に解釈しなければならない。キリスト者は終末的な時期に生きているのでこの教えは現在にも価値 が守られる。

福音朗読:           マルコ1,14-20

「 時が満ち、 神の国は近くなった。 悔い改めて福音を信じなさい。 」という福音がイエスの弟子にとって世界の生活を止めて神の国のために働き始める理由になった。ユヂャ国民の中で終末論的な考え方が紀元前2世紀から非常 に強かった。ユダヤ地区の民は神の国(自由な国)とメシヤ(ローマ帝国から解放させる王)を待っていた。イエスで述べ伝えた福音の正しい意味を理解できる ようにイエスの弟子たちはまだ何回も自分の考え方を変えなければならなかった。