メッセージ - B年 年間

「ヨハネは二人の弟子と一緒にいた。そして、歩いておられるイエスを見つめて、「見よ、神の小羊だ」と言った。二人の弟子はそれを聞いて、イエスに従った。」ヨハ 1:35-37

神の指示に従って、ユダヤ人たちは神に小羊や他の動物をいけにえとして捧げていました。このように、神を礼拝したり、いただいた恵みに感謝したり、新たな祝福や犯した罪のゆるしを願ったりしました。これは、そのとき神が定めた、人間の神との絆を深める交わり方法であって、神が求めた交わりのための準備でもあったのです。残念ながら、時が立つにつれて、この儀式は人の心の状態と何の関係もない形式的なものになりました。そのために、人々はそれを行うことによって神に近づく代わりに、神から遠ざかっていったのです。

洗礼者ヨハネは、イエスを見て、彼が「神の小羊」であると宣言しました。「神の小羊」というのは、神が人類に与える捧げ物であるという意味であったでしょう。要するに、イエス・キリストこそ、神が全人類に近づき、すべての人々と交わる新しい方法で、しかも神ご自身が求めた完全な方法であるということです。

残念ながら、この賜物を喜んで受け入れる代わりに、多くの人々はイエスを十字架に付けて、殺してしまったのです。もし、人類の歴史がその瞬間で終わったならば、神に近づく希望は完全になくなったし、人類は永遠の死に定められたことになったに違いありません。幸いにイエスは、自分を十字架につけた人々のためにゆるしを願ってから、自分の命を神に捧げました。それによって、イエスはこの最も大きな罪を完全な奉献に変えたわけです。この奉献のおかげで、神との親しい交わりだけではなく、神の命にあずかることも、神の子どもになることも可能になったのです。

イエスのいけにえの実りにあずかるために、つまり神との愛の交わりに生きるために、私たちは、イエスの最初の弟子と同じように、イエスの呼びかけに応えて、イエスと絆を結び、親しい交わりのうちに生きるだけで十分なのです。

 
釈義 - B年 年間

第一朗読(サムエル上3・3b-10,19)では、少年サムエルへの主なる神からの呼びかけ(召命)の場面が描かれている。サムエルのみならず、わたし達はみな、それぞれの存在(からだ)と命を通して、神からの呼びかけを受けている。神は今も、わたし達一人ひとりの名を呼んでおられる。そのことを、パウロは第二朗読(1コリント6・13c-15a,17-20)で、次のように述べている。体は主のため、主は体のためであり、神は主を復活させ、その力によってわたしたちをも復活させてくださる。あなたがたの体は、神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿であり、もはや自分自身のものではなく代価を払って買い取られたのだから、自分の体で神の栄光を現しなさいと。その現し方の多様性の中に、召命の多様性も存するのであろうか。福音書(ヨハネ1・35-42)においては、洗礼者ヨハネの二人の弟子が師ヨハネの「見よ、神の子羊だ」との導き通リ、イエスに従う様が描かれているが、その内の一人アンデレの証言「わたしたちはメシアに会った」を通して、シモン・ペトロとイエスの出会いと召命が実現する。このように、わたし達の父である主なる神からの呼びかけは様々な人々やできごとを通して成される多様なものであることを今日のみことばは証している。

 
主日の朗読聖書 - B年 年間

 

テーマ: 自分の命を捧げる

第一朗読:     1サム3、3b-20.19

そのうちに主が来られ、 そばに立って、 これまでと同じように、 「 サムエル。 サムエル」 と呼ばれた。 サムエルは、 「 お話しください。 しもべは聞いております」 と申し上げた。 (1Sa 3:10 JAS)

第二朗読:     1コリ6,13c-15a.17-20

あなたがたのからだは、 あなたがたのうちに住まれる、 神から受けた聖霊の宮であり、 あなたがたは、 もはや自分自身のものではないことを、 知らないのですか。 (1Co 6:19 JAS)

福音朗読:     ヨハ1,35-42

イエスが歩いて行かれるのを見て、 「 見よ、 神の小羊」 と言った。 (Joh 1:36 JAS)

 

 
メッセージ - A年 待降節

「彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈物として献げた。 (マタ2,11)

占星術の学者と言われている東方の博士が三人、偉大な王がお生まれになったことを示す星を見て、その導きに従ってベツレヘムで御降誕なさった幼子イエスを見つけて拝み、黄金、乳香、没薬を贈物として献げたと、私達はマタイによる福音から知ることができます。

贈物を贈呈するに当たり、誰でもそれを頂く人の特質を考えて自分にできるプレゼントを準備します。博士達も彼らに啓示されたことを心に留め、幼子イエスにそれぞれ違う贈物を献げました。黄金を献げた博士は、幼子イエスの内に王としての神の威厳が備わっていることを認めていました。次の博士は、乳香を献げて幼子が人を神と仲介する祭司であることを信じ、三番目の博士は、幼子には癒しと復活の力があると信じて没薬を捧げ物としました。各博士は、キリストの内に違う側面を見出したが、全部を合わせると私達には、キリストのアイデンティティと使命が公現されることになりました。

博士達の贈物は象徴として次のような意味があります。

黄金:王位、神性、栄光、豊かさ、気品、輝き(精錬)、権威。

乳香:祭司、神の仲介、祈り(神との交わり)、神の現存、聖性。

没薬:人間性、苦しみと死、癒し、永遠の命(mirra: 傷を癒し、また腐敗

を遠ざかるために埋葬に用いる高価な薬草。)

この博士達の贈り物は私達にキリストを啓示します。キリストは、宇宙万物の王である神で、私達を神との交わりに加えて聖別する祭司であり、御自分の受難と復活によって私達の心と体を癒し、永遠の命を与える救い主であります。

今日は、三人の博士達が2千年前に贈物を持って幼子イエスを拝んだことを思い起こし、典礼的に「主の公現」の祭日を祝います。ところで、日々の生活の中で私達一人ひとりは、自分にできる捧げ物を準備してイエス・キリストを主と拝み、主を公現する責任があります。キリストに相応しい贈物とは、神から頂いたあなたの一番尊い部分であることでしょう。

 
釈義 - B年 降誕節

テーマ: イエスは神の愛である

第一朗読:           イザヤ60,1-6

バビロニア移住後、ユダに戻ったユダヤ人たちはエルサレムの栄光が再び現れるという希望と信仰を失っていたため、都を建て直ための熱意と意志がな かった。イザヤはそのような考え方を変えるためにエルサレムの将来の栄光について預言します。預言者の言葉によれば神の栄光はこの町に必ず留るからエルザ レムが全世界の中心になる。それはメシア時代に完全になる預言である。

第二朗読:           エフ3,2.3b.5-6

一般的にいえばユダヤ教の教えによって異邦人が救われる可能性はなかった。ユダヤ人ではない人々は救われるためにユダヤ教に回心しなければならな い。だから、エフェソの使徒への手紙の著者によって異邦人がイエスのおかげで救われた方々になったことは「秘められた計画」である。

福音朗読:           マタ2,1-12

ヘロデ大王はユダヤ人ではなく、イドマヤ人だった。ユダヤ地区の王になることはユダヤ人の選択ではなく、ローマ帝国の意志だった(紀元前40‐4 年)。ユダヤ国民から強く反対されたヘロデはユダヤ人を迫害した。ベツレヘムにユダヤ人の王が生まれたという情報はヘロデにとって危ないニュースであった ので、自分の王朝を守るためにダビデの町に入るすべての2歳までの子供を殺すという命令をした。