メッセージ - A年 年間

愛には様々な形があります。先週はその厳しい面、つまり指摘を学ぶように招かれていました。人のためを思って、場合によってその人が聞きたくないことも言わなければなりません。愛に促されて。今日は、愛の違う側面、つまり赦しについて考えさせられています。キリスト者にとって本当に愛することは、うまくいっている時、お互い良いことをし合っている時だけの特権ではなく、いつどこでもの命法なのです。今日の福音のテーマです。

ちなみに、ゆるしを漢字で書くなら、「許し」ではなく「赦し」ですが、よく間違われています。他人の過ちを赦すことは、忘れて見過ごすこととか、無かったことにするとか、これからも同じようにさせてあげる(=許す)ことではなく、もっと深い行為です。言い換えれば他人を憐れむことです。その根拠はどこにあるでしょうか。何も必然的なことでもなければ、利益があるわけでもありません。(といっても、実は、赦すことは精神的に相手の教育・改心のためよりも、自分自身の癒しのために欠かせないのですが・・・)

赦さなければならないという理由はただ一つあります。神様もそうなさっているからです。正義の主であるにもかかわらず、寛容に富んでいます。福音では下役はただ返済の延期を願っていたのですが、主人は直ちに借金を全部帳消しにしました。これは下役にとって何ら期待できる権利ではなく、純粋は恵みでした。現在、誰が何の権利を持っているかと大声で呼ばわれていますが、それより大事なのは権利にもかかわらず人に親切をすることです。そうする時こそ、神様に似たものになることができます。しかし、「赦す」と「赦される」の間に循環がなければ、どちらも不可能です。

 
メッセージ - A年 年間

今日の福音では、兄弟に忠告すること、間違いを指摘することについて語られています。大切な兄弟だからこそ言うのが大事ですし、言葉を選ばず何でも言えるはずです。関係ない人であれば、わざわざ言わなくても良い、そしてもし言うなら、それは単なる喧嘩になりかねません。ところが、実際のところ親しい友達であればあるほど、人間は関係を悪くしたくないがために、何もきついことを言わないことを選びがちです。しかし、本当はお互い全てを言い尽くして、何も残さず話し合い、場合によっては揉め事も経て、関係は更に親しくなるのが事実です。本当の愛には場合によって厳しい顔、甘やかすだけでなく育てるべき自覚もあります。まさに、マザー・テレサが言ったように、愛の反対は憎しみではなく、無関心です。

面白いことに、この福音には言うことを聞いてくれない兄弟を呼んで、他の2人3人の前で改めて戒めるということが書かれているすぐ後に、祈っている2人3人の集まっているところにイエス自身がおられるということが書いてあります。この類似は偶然ではないでしょう。共同体での様々な人間関係には個々人の祈り、また共同の祈りが欠かせないのです。イエス様との親しい友情を持っている人々は、お互いも近づいていくことになります。現代、political correctnessすなわち偽物の寛容や尊重の名の下で相手に干渉しない、皆が自分のことを自分でやれば良いと思う態度が流行っています。しかし、相手の状況に気を配らず、自分の発展だけを考えること、それはキリスト教的な完全性から遠く離れています。

 
メッセージ - A年 年間

第一朗読で、神の言葉を告げたために迫害を受けたエレミヤは、神にその苦しみを訴えていますが、しかしそれにもかかわらず「あなたの勝ちです・・・私の負けです」と言って、神からの使命にその身をゆだねます。

第二朗読では、パウロが「自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい」と語り、この世のあり方にではなく、神の御心に従うようにと勧めます。

福音朗読では、受難へと向かっていくイエスが弟子たちに「わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」と言います。

どれも、「私」「自分」の利己的な思いではなく、神の御旨を求め、自分自身をそのために献げ、主イエスの後に従いなさい、という呼びかけです。自分の中へ中へと集中して、そこだけに目を向けて、「私」にこだわるとき、周りの人の喜びにも悲しみにも苦しみにも気づくことができません。自分と他者との関わりの中で生きることができません。何が本当に正しいことかを見失ってしまいます。しかし、自分の中できつく握りしめた手のひらを、外に向かって開くなら、そこに神の恵みが働きます。

 
メッセージ - A年 年間

第一朗読 イザ22:19-23

第二朗読 ロマ11:33-36

福音朗読 マタ16:13-30


第一朗読の預言者イザヤに「私は、お前をその地位から追う。お前はその職務から退けられる」という言葉がありますが、この言葉の中の「お前」とは、当時イスラエルの宮廷を支配していたジェブナという家令のことを指している(22:15)。神はイスラエルを支配する権力を家令ジェブナから「ダビデの家の鍵」を支配するはずの王に与えます。残念ながら、22:25にあるように、その王の支配もやがては崩れ落ちるのです。しかし、それでも「ダビデの家の鍵」が失うことはありません。神の民は失望を味わっても完全に希望をなくしたことはありません。新しいイスラエルへの繁栄の希望はやがて「ダビデの子」イエス・キリストの到来によって成就されるのです。

イエスはカフィリポ・カイサリア地方でメシアとしての身分を弟子たちに確かめた後、ペトロに「天の国の鍵」を彼に授けられます。ギリシア・ローマ支配下の時代にフィリポ・カイサリアは神々や皇帝を礼拝する神殿が建てられた町として知られています。その場所で、「イエスこそがメシア、行ける神の子」だと信仰告白したペトロにイエスは天の国の鍵を与えました。ペトロはいろいろな場面で弟子たちの代表として登場する一方、イエスの裁判の時に三度にわたってイエスのことを知らないと否定した弟子でもあります。また、他の場面に、イエスはペトロに対して「信仰の薄い者よ。なぜ疑ったのか」と叱ったこともありました。それでも主はペトロに天の国の鍵を渡されたのはどういうことでしょう。

その答えは第二朗読の使徒パウロの言葉にあるのではないでしょう。人間にとっての不条理は「神の富と知恵と知識の深さ」の現われとなることが出来るということです。神は絶望の中にも希望を与えることが出来るのです。人が自分権力や富や能力だけを頼りにし、それらを神のようにすがる中で、神はいろいろな出来事を通してご自身こそが真の神であることを現すことが出来るのです。そして、神は人間の弱さを通してご自身の力を示すことが出来るということです。「ああ、神の富と知恵と知識のなんと深いことか。誰が、神の定めを極めつくし、神の道を理解しつくせよう」と綴ったパウロ自身は自分がたどってきた道、またイスラエルがたどってきた歴史を振り返る時に痛感した真理のではないでしょうか。どんなことがあっても、すべてのものは神の富と知恵と知識の深みの中にいるということです。

 
メッセージ - A年 年間

今日の朗読は神性の二つの側面あるいは特徴を巧みに描いています。しかも、この二つの側面は一見すれば相反しています。一つは威厳、偉大さ、恐れの多さです。あまりにも人間を超えていますから、その前に立つ時人間は震えおののかざるを得ません。神とはどういうものか本当に分かった時に、人間にはその前に立ち、面と向かう資格も権利もないことを悟ります(ペトロ)。現在、問題となっているのは、神様を畏れ、尊敬すべき神聖なものというよりも、優しい、何でも見過ごす、甘やかしてくれる友達としてしか見なさないことです。

もう一つの側面は甘味さ、穏やかさです。聖なるものは確かに畏敬の念を抱かせる不思議なものだけではなく、人間の心を魅惑するものでもあります。神様はただ正義に満ちる恐ろしい存在ではなく、平安を与えてくれる、いや、平和のうちにしか見出されない存在なのです(エリヤ)。人間が動揺している時、心を乱されている時、あるいは一生懸命何としてでも神様を見出そうとしている時、神様を見失う危険があります。確固として日々落ち着いて神様の顕現を待ち望む恵みを願いましょう。

この二つの側面は両方とも大事であり、どちらかだけを選ぶことは出来ません。両方の側面を合わせて表すなら、それは父親に対する態度、「子としての愛」なのではないでしょうか。父親を尊敬し畏れていると同時に、慕い求め、信頼している子供の心がその模範だと言っても過言ではありません。